読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

数え方の辞典

数え方の辞典

数え方の辞典

作家
飯田朝子
町田健
出版社
小学館
発売日
2004-03-01
ISBN
9784095052014
amazonで購入する

数え方の辞典 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ラグエル

実に、事典であった。ここから意外性のあるものを抜き出して、やっと話のネタに。たとえば。宇、って何の数詞、とか。柱、って、棹、って、具って、とかね。だいたい、つ、とか、コ、とかで済ませられるところ、突っ込みたいときに使えますかね。

2012/07/13

ris3901

本当に辞典でした。一章は、あらゆる数えられる名詞が50音順にならべられ、数え方が載っています。この言葉の単位は?と思ったときや広く知りたいときに便利。二章はその単位の50音順の一覧。「犬(けん)」という単位があるんだ!などこちらも発見があり眺めていて面白いです。2004年初版。

2018/05/18

ロドリゲス

珍しい数え方だけを取り出して紹介している雑学本ではなく、数え方という視点から日本語の繊細さをまとめた本格的な辞典。 特に第2章の助数詞解説や意味,使い分けのポイント,類似する数え方との比較例文が豊富で丁寧です。★★★★★

2017/05/16

アセロラ

書名の通り、ものの名前「あ」のつくものから、順に辞典形式で数え方が載っています。【おばけ】は「匹」「人」、【貝塚】は「貝塚」、【神社】は「社」、「宇」で数えます。【失敗】は「つ」「度」。次の失敗は予測できないので「回」ではない。一方【成功】は、「度」「回」「つ」。前向きですね。今の季節、【鏡餅】を丸餅大小2枚で「ひと重ね」「ひと据(す)わり」と数えたら粋ですね。巻頭のカラーページには、身近なものが載っています。【手袋】は両手で「一双」、【五重塔】は「基」で数えます。なんだか頭が良くなった気分です。

2019/12/12

南註亭

数年かけてようやく読了しました。1章は名詞が約4,600、2章は助数詞など約600語について解説されています。辞典としてはたいへん便利な1冊です。 便利度 ☆☆☆☆☆ 5つです。

2012/04/19

感想・レビューをもっと見る