読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

花の名前

花の名前

花の名前

作家
高橋 順子
佐藤秀明
出版社
小学館
発売日
2005-04-15
ISBN
9784096814338
amazonで購入する

花の名前 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちはや@灯れ松明の火

はなをくすぐる、やさしいかおりにふりむいて。鳥や虫を出迎えて、うつろう季節を彩ろう。春を萌す東風に香り立つ風待草、邪気祓いの酒にたゆたう神酒古草、儚く潔く風に舞い踊る夢見草。七十二に刻まれた円い暦の上、通り抜ける風と滴り落ちる雨が時の針を廻す。いまだけのはれぎをまとい、ほほえみかけるかんばせ。君影草、妻恋草、恋忘草、たおやかな調べに想いを馳せて、幽霊草、死人花、鬼の醜草、おそろしげな響きにそぐわぬ姿を愛でる。眺めて、摘み取って、今だけの景色を写し描いて。あなただけがしっている、とくべつななまえでよんで。

2013/11/19

はまじい

花好きにはもってこいのの、大人の絵本だ。名前の由来や呼び名、写真がまたいい。図書館で借りたが手許におきたい。

2015/08/19

yamakumi

写真が綺麗。日本の四季が24に分かれてそれぞれに名前がついている。最近、生け花でも洋花が使われることが多くなってきた。・・・で、なかなか名前が覚えられない。本の中では、別名、地方での呼び名などが紹介され、とても興味深かった。日本語の風情…。素晴らしい…。

2012/03/11

IKUNO

『花の名前』(高橋順子,佐藤秀明) <小学館> 読了です。 正直、中途半端な作品だと思いました。 ・なぜ季節ごとでなく、せめて二十四節気ごとでもなく、七十二候を選択したのか、必然性が全く分からない。 ・見開き二ページで一つの候を紹介しているときもあれば、一ページに一つの候を紹介しているときもある。 ・一つの候に一つの花(植物)とその別名だけを紹介しているときもあれば、一つの候にたくさんの花(植物)を紹介しているときもある。 シリーズ中の一作品なので手放しはしませんが、ちょっと残念な作品でした。

2015/06/14

とも

七十二節季に沿って紹介されています、花の名前そのものについてだけでなく、季節ごとの風情を感じられます。

2018/11/18

感想・レビューをもっと見る