読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会いたくて会いたくて

会いたくて会いたくて

会いたくて会いたくて

作家
室井滋
長谷川義史
出版社
小学館
発売日
2021-01-29
ISBN
9784097250968
amazonで購入する

ジャンル

会いたくて会いたくて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

室井 滋 原作×長谷川義史 絵の絵本ということで読みました。コロナ禍の今だからこそ、子供から大人まで読むべき温かい感動絵本です。少し気が早いですが、今年のBEST絵本かも知れません。 https://www.shogakukan.co.jp/news/313702

2021/02/05

chimako

これも室井滋さんご本人の朗読で。施設に入っているおばあちゃんに会いたいケイちゃんのお話。コロナという言葉は一回も出てこないけれど今のこの状況を描いているのだとわかる。元気なのに会えない事で疑心暗鬼のケイちゃん。何とかしておばあちゃんの顔が見たいと考える。ケイちゃんに気づいたおばあちゃんは糸電話を垂らしてくれるよ。細い糸で伝わってくるおばあちゃんの声。いろんな話をしてもらった帰りに見つけた四つ葉のクローバー。リモートでちゃっちゃと終わられることが主流になりつつある今。緩な時間の流れの大切さも教えてくれる。

2021/02/20

びわこっこ

室井滋さんと長谷川義史さんの、漫才コンビのような二人だが、笑える絵本じゃなかった。ボクは、ホームに入っている、おばあちゃんに会いたくて会いたくて仕方がない。コロナ禍だから、面会は出来ない。裏に回って3階のおばあちゃんの部屋から、糸電話が! 「大切なのは人を思う心。気持ちが強ければ、行けなくても 会えなくても、いろんなものが キラキラとかがやいて見えてくる。」おばあちゃんの優しい声。帰りにキラッと合図してくれて、四つ葉のクローバーを見つけた! コロナ禍を乗り越えて、みんなが幸せになれますように!🥰

2021/07/08

☆よいこ

絵本。ボクは大好きなおばあちゃんに会いたくてホームに行く。だけど面会できない。3階の窓から顔を出したおばあちゃんと糸電話ではなす。「大切なのは人を思う心。気持ちが強ければ、行けなくても会えなくても、いろんなものがキラキラとかがやいて見えてくる」「時間を止めて、じっくり世界を見つめてごらん」本当は抱っこして欲しい、頭をなでて欲しい。寂しさを胸に歩いていたら、四つ葉のクローバーを見つけた。▽思いやりにあふれている良本。

2021/06/26

jam

絵本の本質は、普遍的な物語性にある。わずかなページに綴られる言葉が、時に忘れていた感情を呼び覚まし、時に静かに寄り添う。そこに描かれるのは、お母さんや猫、お姫さまや虫、花や数字…この世界のあらゆる欠片。それらが救いも赦しも超えて魂の深い部分に触れる。この作品の男の子は、大好きなおばあちゃんに会いたい。会いたくて会いたくてたまらない。「会いたい」って、なんてシンプルで切ない響きだろう。そこには哀しみとともに希望が宿る。きっと誰もが誰かに会いたい。ただ、会いたい。たとえ夢でもいいから。

2021/06/24

感想・レビューをもっと見る