KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきのげきじょう

ゆきのげきじょう

ゆきのげきじょう

作家
荒井良二
出版社
小学館
発売日
2022-10-19
ISBN
9784097251934
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆきのげきじょう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

荒井良二の絵本。お父さんの大事にしているちょうちょの図鑑。友だちと見ているときに破いちゃった。とうさんおこるかなぁ。雪のくぼみの中の小さな劇場。雪の子たちがこまのように周り、雪の女王も登場します。雪がたくさん降ってきて、とうさんの大きな手で家に帰りました。お家であったかいココアを飲んでいます。とうさんは怒りませんでした。図鑑を友だちに貸してあげなさいと言いました。女の子のような男の子の物語。黄色・赤・水色・白・紫・ピンク・オレンジ・緑、雪の舞う中、きれいな蝶々が飛んでいます。山形生まれの荒井さんの絵本。

2023/02/14

ちえ

お父さんが大切にしている本を破いてしまった少年はスキーをはいて雪山へ。冷たい雪の中の不思議な劇場。荒井良二氏の温かい絵とお話を堪能出来る。今の季節にぴったり。とても良かった。

2023/01/14

aiaimo`olelo

うわぁうわぁ✨荒井良二さんの素敵な絵がたくさん楽しめる絵本です✨ 雪の降る小さな町。ひょんなことから、お父さんが大事にしている蝶の図鑑を破いてしまった男の子。とうさんの図鑑……ちょうちょが大好きなとうさん……おこるかなぁ……気落ちのあまりぐるぐる考えながらスキー板をはき、雪景色の町を移動し、雪山を滑り…アッ!!窪みにはまってしまった男の子がそこで見たものは…   ちょうど今 小川洋子さんの『掌に眠る舞台』を読んでいるところだったので、美しく神秘的で不思議な偶然に喜びながら絵本を楽しみました。

2023/01/07

ゆっき

お父さんの大切なちょうちょの図鑑を破ってしまった男の子は雪山へ。くぼみに落ちて見つけた小さな雪の劇場。雪の子たちと歌うこまのうたが幻想的。春になったらお友達とちょうちょを取りに行けたらいいね。荒井良二さんの美しい絵を堪能できる優しいお話の絵本でした。

2023/02/12

うー(すごーく遅れてます🙇)

〈絵本〉父さんの大切なちょうの図鑑を友だちが破ってしまった。父さんのこと、友だちのこと、あれこれ考えながら雪の中を滑っていると窪みに落ちてしまい、彼はそこで小さな劇場を見つけた。。小さな劇場が大きな劇場へ~この場面変化がとっても魅力的。優しさに包まれた美しい世界を堪能した。

感想・レビューをもっと見る