読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

話す力 (小学館新書)

話す力 (小学館新書)

話す力 (小学館新書)

作家
草野仁
出版社
小学館
発売日
2013-10-01
ISBN
9784098251773
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

著名人の豊富な事例に学ぶ、心伝わる話し方。

話し方のプロ、草野仁が話し方の全てを公開します! あいさつから始まって、初対面の人との接し方や、苦手な人と話すコツ、謝り方、雑談力、スピーチ、部下を鼓舞する方法など、「話す力」をつける様々な方法を、著名人のエピソードを交えて紹介します。
例えば、著者の心をつかんだ吉永小百合さんのあいさつ、浅草キッドさんに学ぶうまい話の広げ方、黒柳徹子さんの雑談力、心を打たれる松井秀喜さんの言葉、関取・若の里関の心温まるスピーチなど、豊富な事例が満載です。
さらに、著者がワイドショーのキャスター時代にリポーター達に「草野流の話し方」で鼓舞して、オウム事件の真相に迫った話など、ここだけの話も満載。読んで面白く、役に立つ1冊です!

話す力 (小学館新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

メタボン

☆☆☆ 良く話せる人は良く聞くことの出来る人であるというのは実感として思ってきた。草野さんの著書でもそれは同じだった。他実践すべきこと。挨拶を先にすること、相手の話をさえぎらないこと、事前に相手のことをに関心を持ち良く準備すること、スピーチは用意した原稿を完全に読もうと思わず話の要点をつかんでおきその流れで話すこと、否定や命令では人は動かない、など。

2014/03/20

焼きそばん

NHKに記者で入社したつもりがまさかのアナウンサーに配属のエピソードから始まり、生真面目な性格そのまんまの実体験とソフトな語り口をそのまま文にしてあり、読みやすく、明日ためになります。相手のことに興味を持ち、事前にしっかり調べておくってとっても大事ですね。

2014/07/19

すのーまん

「話す力」というのは天性のもの+努力の賜物なんですね。草野さんが実践してこられた数々のことは、話すことのコツであると同時に人として誠実に努力して身につけるべきことなのだなと。自分の内面を磨くこと、そして相手を思いやり心を伝えること。うむー、分かっていても難しい。草野さんほどの方が何十年もかかって培ってこられたこと、足元にも及ばないけど少しでも実践していけたら、と無謀なことを考えてます(笑) 草野さんみたいな上司の下で仕事したいなー。

2014/02/24

ニコ

常日頃の目的意識と練習が大事。姿勢と思いを忘れずにいること、と草野さんに言われると説得力がありますね。草野さんの家族との関わり方や黒柳さんのマシンガントーク、NHKアナウンサー時代の話など、面白いエピソード満載でした。

2014/11/13

しゅんぺい(笑)

思っていたよりも、基本的な内容でした。草野さんはやはりひたむきでした。 一生懸命であれば、泥臭くてもコミュニケーションしようとする。それを大切にしていきたい。

2013/11/30

感想・レビューをもっと見る