読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

テレビじゃ言えない (小学館新書)

テレビじゃ言えない (小学館新書)

テレビじゃ言えない (小学館新書)

作家
ビートたけし
出版社
小学館
発売日
2017-02-01
ISBN
9784098252923
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

放送コード完全無視。

第1章 テレビじゃ言えない「危ないニッポン」
●ニッポンは「1億総活躍」どころか「1億総自主規制社会」
●テレビは真実なんて伝えない
●ネットはバカのための拡声器
●ネット情報で満足するヤツは「深い世界」に辿りつけない
●18歳選挙権なら「少年法」はいらねえよ
●舛添に怒って角栄に心酔する権力者に都合の良い庶民たち
●災害時に「防災服を着る政治家」の白々しさったらない ほか
第2章 話題のニュース毒舌分析
●30過ぎて少年法に守られてる下品な少年A
●笑点を本気で面白いと思ってる視聴者だからナメられる
●乙武クンを「真面目」と決めつけた人に潜む差別意識
●賞味期限もエコも消費者ではなく経済のためにある
●ベッキー、ASKA、ショーンKほか 輝け!2016年ヒンシュク大賞 ほか
第3章 テレビじゃ言えない「天国のあの人たち」の話
●大橋巨泉、デビット・ボウイ、高倉健、原節子との秘話 ほか
第4章お笑いBIG3と老人論
●なぜ若手芸人はBIG3を超えられないか
●タモリとオイラは何が違うのか
●ジジイが嫌われるのが理想の高齢化社会
●シルバーシートがニッポンから奪ったモノ  ほか

テレビじゃ言えない (小学館新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shoji Kuwayama

移動中などに肩肘張らずにさくっと読める本です。相変わらず毒舌ですが、キラリと物事の核心を突くたけし節が随所に。少年法と18歳選挙権、年寄りの威厳、ただ消費されるだけのモノ、薬物中毒、笑点の話などは「その通り!」と思った。まぁ楽しく読むことができました。

2017/02/22

あきか

笑いながら一気読みしました(≧∇≦)でもたけしさんならこれくらいテレビで言っても良さそうでは?笑 確かにこうなったら良い!ということ、え、それ全然面白くなさそう…とか感じたことは色々ありましたが(笑)そうやって現状どうなっているか?にまず気付いて、自分の頭で考えること…そこにこの本の1番の意義があるのではと感じました。笑点で思考停止、わたしもちょっとドキッとしましたもん…たけしさんしか知らない大物たちとのエピソードも必見。時事ネタも多いので早めに読むべし!最後の最後は下品過ぎて、笑ってシメでした( ̄∀ ̄)

2018/10/08

GAKU

さらっと読めてしまいます。書いている事は至極正論だと思う。共感できる点多々あり。でも買ってまで読むほどの内容ではないかな。”ビートたけし”だから売れる本。

2017/12/09

鱒子

図書館本。たけしさんしか 言えない 書けないもの。新書の中でもかなりライトな部類です。毒舌が厳しすぎるところもありますが、そこはそれ、読みながら何度も声を出して笑いましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ ) 「林家三平 結婚式祝辞」と「笑っていいとも! 最終回 表彰状」の全文掲載は、とても楽しかったです(*^ω^*)

2017/12/28

ダイイチルビー

読みやすく一気に読んでしまった。あいかわらずのたけし節で言いたい放題ではあったが、結構本質をついていると感じた。特にじじぃがいい老人にまとまらず、もっとパワーを持たなきゃいけないという意見は共感が持てた。

2017/04/01

感想・レビューをもっと見る