読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本衆愚社会 (小学館新書)

日本衆愚社会 (小学館新書)

日本衆愚社会 (小学館新書)

作家
呉智英
出版社
小学館
発売日
2018-08-03
ISBN
9784098253326
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本衆愚社会 (小学館新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

染谷有香大好き野郎・寺

呉智英の新刊。週刊ポストの連載と雑誌に発表されたものをまとめた時評集。山本夏彦は「作者は十年一日同じ歌をうたうもの」「世にニュースはない」という名言を残したが、呉智英のこの本を読んでいて、ずっとその言葉が浮かんでいた。呉智英もまた、十年一日同じ事ばかり言っている。どんなニュースを扱っても、さすがいつもの呉智英である。世にあるニュースは、固有名詞が違うだけで、繰り返されるよくある話(©ポルノグラフィティ『サヴダージ』)。だから同じ歌が出る。そしてファンは同じ歌を喜ぶのである。もちろん私は呉智英のファンだ。

2018/08/15

ビィーン

この本は面白いなあ。辛口なご意見はその通り。呉智英さんのファンになった。確かに右も左も自称知識人や言論で飯を食っている方々の劣化が目立つわな。

2019/03/25

犬養三千代

呉智英らしい一冊。些細なことなんだけどひっかかることをズバリ指摘していて心地良い。。「土人」は差別用語ではない。朝鮮人の名前の読み方の変な点。伊藤博文の暗殺。沢山の本が紹介されているので15冊ばかり読みたい本が増えた。

2020/01/16

苺畑序音

久々の呉智英さん。ごもっとも!満載。

2019/01/28

Tomomi Yazaki

著者は日本の常識や思想を、横から裏から正面から、遠慮のないかなり辛口な批評批判をぶつけてくる。それ故この本は、読む側が頭を柔らかくしてその真意を素直に受け止めれば、自分を見つめ直すための最適な読み物なのではないでしょうか。歴史的背景や立場によっても常識は変わる。よ~く考えると、著者の話はみなもっともで、不思議なことに、自分の常識が常識ではなくなる不安も感じさせない。常識は相対的なもので、常識人が常識人でなくなる。なぜなら、法治主義の限界が問われる事件が起きると、良識家は貝の如く、沈黙するからである。

2019/05/20

感想・レビューをもっと見る