読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

未来のカタチ: 新しい日本と日本人の選択 (小学館新書)

未来のカタチ: 新しい日本と日本人の選択 (小学館新書)

未来のカタチ: 新しい日本と日本人の選択 (小学館新書)

作家
楡周平
出版社
小学館
発売日
2020-11-26
ISBN
9784098253791
amazonで購入する Kindle版を購入する

未来のカタチ: 新しい日本と日本人の選択 (小学館新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まゆまゆ

少子化が問題と言われつつ未だに解決に向けた政策が行われない現状に対して、解決策を示す内容。それは、少子化の大きな原因となっている住居と教育への負担をゼロに近づける、同じ問題を抱えている人達を1つに集める「ネスティングボックス」構想である、と。筆者の著書であるプラチナタウンを始めとする日本リバイバルプランをあらためて紹介していき、実現に向けたプランも披露している。

2021/03/17

coldsurgeon

労働の場として考えた場合、日本は魅力的な国ではない。日本の人口の減少は、市場の縮小を意味し、それを移民により賄おうとすれば、日本という国そのものが形を変えてしむようなきがする。コロナ禍で露呈した一極集中社会の脆さを自覚して、人の分散移住と少子化の改善をはかるべきだろう。先送りすればますます問題は解決しづらくなり、先手を打って策を講じるのが、今を生きる人のせきむである。そういう姿勢は、今の政治・行政には微塵も感じられない。災害に弱く、未来のも目を目を向けない日本なのだろうか。

2021/01/15

無添

少子化が叫ばれて久しい。危機を認識しながら問題解決を先送りしてきた政治家や官僚たちにはもはや期待できない。

2021/01/19

てつ

⭐︎3.7

2021/01/16

Go Extreme

外国人移民は人口減少対策にはならない;いずれ確実に消滅するメディア産業 日本のメディアの海外支局・存続の危機 過去の知の蓄積にアクセスできず 少子化の最大要因・科挙制度の影響 不確実性に拍車がかかる時代;ビジネスモデル確立→脆い 日本企業がグーグルやアップルになれなかった要因 少子化を打開するネスティング・ボックス構想;東京近郊にある用地 新型コロナウィルスで一変した日本社会;一極集中の脆さ 季節ごとに居住地を変えながら仕事 MOOC→大学教育の在り方を変える 地方の過疎高齢化はビジネスチャンス

2020/12/19

感想・レビューをもっと見る