読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2)

バカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2)

バカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2)

作家
呉智英
出版社
小学館
発売日
2021-06-03
ISBN
9784098254026
amazonで購入する Kindle版を購入する

バカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

GAKU

興味のある章だけ、じっくり読みました。あとは流し読み。

2021/08/03

ふみあき

なんてひどいタイトルだ、と思ったら、ボリス・ヴィアンのノワール小説『墓に唾をかけろ』のパロディーだったのか。著者も御年75(数え年で)だが、左右両翼まんべんなく斬る芸風は、40年間まったくブレてないね。本書で推薦されている、城山三郎の『大義の末』は読んでみたい。

2021/06/05

agtk

久々に呉さんの著書を読んだ。週刊誌に連載していたコラムをまとめたもの。とても興味深い内容だった。

2021/07/18

ちょーのすけ

昔から名前は知っているが、『本の雑誌』(だったと思う)での岡留安則との論争、というより罵倒のやりあいを読んだことがあるだけの呉智英さん。とあるクソサイトを運営しているのが岡留の『噂の真相』の残党であることを思い出し、「表現の不自由展」騒動を津田大介ら破廉恥な運動家の当り屋商売と片付ける爽快さを味わい、全く内容を憶えていない数十年前の記事は呉さんの圧勝だったんじゃないか?と思えてきた。知らんけど。

2021/07/26

Asakura Arata

著者の本を読むのは高校生以来。あまり変わっていないなあ。トリビア的な知識は増える。

2021/06/20

感想・レビューをもっと見る