読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MAO (5) (少年サンデーコミックス)

MAO (5) (少年サンデーコミックス)

MAO (5) (少年サンデーコミックス)

作家
高橋留美子
出版社
小学館サービス
発売日
2020-08-18
ISBN
9784098501748
amazonで購入する Kindle版を購入する

MAO (5) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

猫鬼がだんだん可愛く見えてきた。フナさんよりも。

2020/08/29

どあら

妹から借りて読了。由羅子、怪しさ120%だわ❢

2021/04/15

はな

摩緒が優しくなってきてる。クリスマスのプレゼント交換が微笑ましかった(笑)摩緒、真面目か。あの人も出てきたけど、彼女じゃない気がするんだよなぁ…。華紋さまと百火さまの出番が増えて嬉しい。アニメ化するとしたら華紋さまの声は私の中で確実に石田彰さんです^^;最後、連れ去られた摩緒。また菜花がカッコよく助けに入るのかな。菜花が術使ってるとこもみてみたい。

2020/08/18

garakuta@読書とゲームの愛好家

【速読】:おきな書房で、購読中:面白いですね。謎が解けていくほど引き摺り込まれて、最後はどんでん返しの展開に成りそう、作者が、如何話をまとめ上げるか今後が楽しみの漫画だ。

2021/10/08

ぐうぐう

謎が牽引力になっているのは事実なのだが、『MAO』の最大の魅力は、そのダークなムードだ。高橋留美子の長編作品ではダントツのダークさで、読者の心をざわつかせるに充分だ。それに加え、恋情の展開が用意されるのだから、もうたまらない。さらには、笑いで緊張を適度に緩和させる。いやはや、すごい。

2020/09/21

感想・レビューをもっと見る