読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

葬送のフリーレン (1) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン (1) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン (1) (少年サンデーコミックス)

作家
山田 鐘人
アベツカサ
出版社
小学館サービス
発売日
2020-08-18
ISBN
9784098501809
amazonで購入する Kindle版を購入する

「葬送のフリーレン (1) (少年サンデーコミックス)」の関連記事

ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【2月編】

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする新企画「今月の推し本」。  良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

風化以前に現実さえ知らない3.11の福島『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』(笠井千晶/小学館) 『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』(笠井千晶/小学館)  2011年3月11日から早くも10年が経とうとしている。当時、実家の茨城から通勤していた私は、会社で夜が明けるのを待った。報道される悲惨な光景が現実のものとは思えなくてただただ茫然としていた。ここ一年でいえば、『典座 -TENZO-』『Fukushima 50』『浅田家!』と3.11に関する作品に触れ、立場が異なる被災者の感情に触れたつもりでいた。もちろん当事者ではない私が軽々しく理解できたなんていうことは到底不可能だが、毎回胸が張り裂けそうになった。『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』は、福島第一原発から近く、集落の7割が津波被害を受けた南相馬市萱浜地区で暮らすあ…

2021/2/26

全文を読む

関連記事をもっと見る

葬送のフリーレン (1) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

魔王を倒した勇者たちのその後・・・寂寞感漂うアフターストーリーとは言い切れない。魔王討伐から20年、勇者ヒンメルが死に、長命なエルフにして魔法使いフリーレンは冒険の軌跡を辿る旅に出る。途中フェルンを弟子に採り、旅を続ける中で、フリーレンは様々な事象を思い出し、学び直していく。当時は理解していなかったヒンメルの言葉の意味を悟る様が切ない。昔の強敵がいつしか時代の流れの中で強者ではなくなっていたエピソードは滲みる。無常な時間の流れと、それに寄り添わねばならない人間の生き方の物語だ。斬新。

2021/01/10

ホシナーたかはし

改めて。ロードス島戦記や指輪物語等の、正統派エルフによる追憶追悼の物語。頭の中を「月の繭」がヘビーローテ。

2020/10/20

猿吉君

エルフを主人公に据えたならではの設定が面白い、長く続くと苦しくなる設定だが頑張ってもらいたい。ホンワカする絵も良い。アニメ化する可能性あると思う。点数80/100→昔の仲間の葬送から今の仲間へのシフトが上手くいくと長く続けられるかも。

2020/11/17

Tenouji

漫才コンビかまいたちの山内氏が紹介していたので、読んでみた。確かに設定は面白い。が、内容は予想と違っていた。人間の寿命よりもはるかに長く生きるエルフが、恐らく人間の「信」というものの意味を探る物語、のように感じた、が違うかな。

2021/04/29

まふぃー

魔王を倒した勇者一行の後日譚ファンタジー  いや〜面白い!勇者達一行が10年間を共に旅し共に戦い魔王の討伐を終えたところから始まるストーリー。 1000年超えの寿命を持つエルフ族フリーレンにとっては10年の旅もほんのひとときの出来事にしか過ぎない‥ フリーレンが周りとは違う時間を生きているのを俯瞰的に見ていて泣けた。 とてもノスタルジーな物語で胸の奥がジーンとなります。早く続きが読みたい。

2021/03/22

感想・レビューをもっと見る