読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金剛寺さんは面倒臭い (7) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

金剛寺さんは面倒臭い (7) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

金剛寺さんは面倒臭い (7) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
とよ田みのる
出版社
小学館
発売日
2020-09-11
ISBN
9784098502578
amazonで購入する Kindle版を購入する

金剛寺さんは面倒臭い (7) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

田寺正和

この漫画を読めた事は、私にとって今年の良かった事の一つである。鬼と人間のラブロマンスで、昔だったらちょっとした奇書なのだが、本当に素敵で、1冊読む度に優しい気持ちを涵養されるのである。LGBTの問題もあっさり克服していて、今の漫画はこうでなくてはとひそかに痛快でもある。主人公二人の結婚でジ・エンドせずに、二人が老人になった姿まできっちり描く。見た目が可愛い時代だけで終わらせない。この漫画にはあらゆる愛がいっぱいである。現実はそんなに甘くないと言う訳知り顔を黙らせる程の幸福のラッシュ。読者を救う必読の傑作。

2020/09/22

わたー

★★★★☆蛇足も終わり物語は完結へと。当人たち以外にとってはさして重要でもない日常の数々。それらが互いに関わり合いながら生きていく。そんな作品のテーマを衒いもなく言い切ってしまうのは流石だなと。他に例を見ない唯一無二の作品で面白かった。

2020/09/11

前巻に引き続き蛇足とは言うものの、描けなかったあれもこれもを補った感じ。それも作者のペースを堪能する手順となる。最初のセックスシーンから昇天まで、無駄も弛みもホツレもなく出しきったような。お疲れさまでした。

2020/09/15

プロムナード

これはもうそうとしか言えないのですが、愛をくらえ! という物語だった。そしてそれが成立するってことが凄い。つまり、読んでいて愛が届きました。それはやっぱりあるんだよって、そう思えるから。

2020/10/18

マサトク

それこそ泣きながら読んでいたくらいに名作だ。まっすぐを突き詰めるためにはとてつもない回り道をしなければならなくなったりするものだけど、それでもなお真っ直ぐにたどり着くというのは愛だよなあと思う。そこに人は感動するもんだろうなと。名作。

2021/01/02

感想・レビューをもっと見る