読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

双亡亭壊すべし (19) (少年サンデーコミックス)

双亡亭壊すべし (19) (少年サンデーコミックス)

双亡亭壊すべし (19) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2020-10-16
ISBN
9784098502738
amazonで購入する Kindle版を購入する

双亡亭壊すべし (19) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

前巻に引き続き、アウグスト博士がタフすぎる!もうこのジイさんが主人公かと思うほどの熱血っぷりです。一方、本来の主人公タコハは、主人公とは思えぬほどの無残な死に方で、読者を魅了してくれます(ふぢたさんはスゴイね)。別行動中のチームそれぞれにタコハと帰黒が居た理由が明らかになりました。

2020/10/31

眠る山猫屋

二重に別れた凧葉と帰黒、そう来たか!まあ姉妹の術なのは想像がついたが、予想の斜め上を行かれた感じ、気持ちよく騙されたなぁ。さらに帯の「命が消える。呆気ないほど儚く。」の文言にも。博士や老夫婦の命の灯火も消えず、フラグは一端回避された。色々な意味で気持ち良く騙された19巻。表紙の帰黒さんもとても美しい。

2020/10/22

sin

泥土の元へと赴くメンバーたちそれぞれに死闘が待ち構える。過去のトラウマが障壁となって立ち塞がるなか、次々と突破していく一行に仕掛けられた罠!凧葉が、帰黒が、紅までも泥土に屠られたとき!姉妹の秘策が明かされる!そのとき凧葉たちは思いもよらない場所に姿を現していた!

2020/11/10

ホシナーたかはし

久しぶりに恐怖の涙と、アウグストとマーグ夫妻のトラウマ・過去編に悲しみの涙があふれる。世の、小さい子供を一人家において働きに出ている若夫婦には、グサグサ刺さる内容。きりた姉妹が表情豊かになっているのが色っぽい。

2020/10/17

歩月るな

ヒヤヒヤ。奴らに察知されないショートカットコース、急がば回れ式に、そっち側に戻っていくと言う展開も凧葉ならではの話運び、シリアスながら若干コミカルなのは重くなりすぎないためと、ばーちゃんと対峙させる事でやっぱりばーちゃんも実はまあやっぱり根から悪人ってわけじゃない感じにしてくれるんじゃないかと思いつつ、泥努を多分応援しちゃう流れになるんじゃないかとも感じる。敵役同士の戦いと言うのは良いものだからね。

2020/10/17

感想・レビューをもっと見る