読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

双亡亭壊すべし (20) (少年サンデーコミックス)

双亡亭壊すべし (20) (少年サンデーコミックス)

双亡亭壊すべし (20) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2021-01-18
ISBN
9784098502769
amazonで購入する Kindle版を購入する

双亡亭壊すべし (20) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

冒頭は帰黒が過去と折り合いをつける流れ。いい話だった……。その後は泥努&紅サイドの話がメイン。今までパッとしなかった紅さんですが、とうとう見せ場が!「……ここがわたしん死に場所やな」くぅぅ!

2021/02/22

眠る山猫屋

泥努がブレてきた。敵対者であることは変わり様がないが、紅との時間が人間らしさを取り戻させたのか。白面のものですら最期に救いを与えた藤田先生だから、優しい結末があってもいい。にしても、4ヶ月連続発売ってどゆこと!?

ホシナーたかはし

泥土にとって、作画の邪魔をする奴は誰だろうと全部敵なのだとはっきりしました。あと一筆、その辺のこだわり(執念)は本人にしか分からないだろうなぁ。コロナ過で分かったことですが、分からない恐怖が続くと疲労困憊になる。本作も恐怖ばかり続き、疲れて読むのが嫌になりそうでしたが、物語が動き始めたようです。

2021/01/23

コンチャン

嫌味なまでに圧倒的な強さを見せてきた泥努が追い詰められていくという衝撃的な内容でしたね。4か月連続刊行はすごい。楽しみすぎる!

2021/01/23

うさみP

『おまえも死ぬるよ・・・』親から子への言葉はすべて呪い。どんな偉人でも、作り変える事はあっても壊すことはない。もしも、この世界が全滅びるところを拝める力があるなら、見てみたいなと思うのは間違っているだろうか?侵略の最後の一筆であると共に、侵略を防ぐ最後の防波堤。ミッションインポッシブルな状況どうなる。嫌な予感しかしない四か月連続の悪夢。四か月連続!!(三度見)

2021/01/25

感想・レビューをもっと見る