読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

龍と苺 (2) (少年サンデーコミックス)

龍と苺 (2) (少年サンデーコミックス)

龍と苺 (2) (少年サンデーコミックス)

作家
柳本光晴
出版社
小学館
発売日
2020-11-18
ISBN
9784098502806
amazonで購入する Kindle版を購入する

龍と苺 (2) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「「ありがとうございました」って言いなさいよ・将棋は礼して終わるって習ったわよ・おっさんマナー知んないの?」。明らかに格上の伊鶴八段にこっぴどく敗れた苺。彼女の才能を伸ばしてやりたい宮村は学内の将棋部へと誘う。たった一人の部員の滝沢と共に修練を積んだ苺は彼と共に伊鶴八段と戦う唯一の道であるアマ竜王戦神奈川県大会に臨む。将棋版「響」と酷評された一巻からするとだいぶ読みやすい。過度に将棋好きのオッサン目線の嫌味な描写が減ったのと、単にこちらが作風に慣れたからか。先はかなり長そうだけども(以下コメ欄に余談)。

2020/11/25

leo18

立ち塞がるおっさんたちは尖ったキャラばかりなのに、滝沢普通だな。苺は響よりかわいげがある。

2020/11/22

kanon

こういう俺TUEEE話が無条件で好きだ。スカッとする。漫画、フィクションなのだから、現実なんて見なくて良いでしょう。

2020/11/21

3 新刊読了。作中世界の暴力と男尊女卑がえげつないが、街の碁会所レベルならいざ知らず、高段者の大会でこんな暴言飛び交うことはないだろう。現実ベースなんだから、そういう価値観だけファンタジーにされても違和感しかない。ところで、将棋漫画でよく「竜王」などのタイトルを「王竜」とかにもじっているものがあるけど、本作では現実通り。この差は何なんだろう?スポンサーの新聞社とかにいちいち許可とったのかな。

2020/11/28

水面頼光

キャラ的に嫌いでは無いのだが苺が勝てば勝つほどやはり違和感が大きくなる。そんな甘くは...。

2020/11/18

感想・レビューをもっと見る