読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マチネとソワレ (9) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

マチネとソワレ (9) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

マチネとソワレ (9) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
大須賀めぐみ
出版社
小学館
発売日
2021-04-12
ISBN
9784098504954
amazonで購入する Kindle版を購入する

マチネとソワレ (9) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さとみん

「孤島の鬼」開幕。「葡萄畑への道程」との交互描写で小劇場と大劇場を梯子して観劇しているようで楽しい。しかし孤島はあの舞台と客席の近さであんな濃い芝居を観たら終劇後、ぐったりして帰ることになりそうだ。兄の「芝居のためならどんなことでも」が遺憾なく発揮されていて、誠の勝ち目がないどころか危なっかしさにハラハラする。だから勝ちたいと思ってる時点で負けてるよなあと改めて思う。予想より早く実現した兄弟共演で何を掴むのか、そもそもこの物語はどこまで行くのか。まずは孤島のクライマックスを見届けよう。

2021/04/16

毎日が日曜日

★★★★

2021/04/18

真霜

孤島の鬼、開幕。同じ期間・劇場で上演される葡萄畑の道程とのメジャーVSアングラ対決も、シーンが交互に描かれておりそこも面白いなとなりつつ、大きな要素である三ツ谷兄弟の演劇対決が見物だなと。しかしこの戦い、御幸の方はまた違う思惑があって……。シンプルな舞台セットに斬新なビジュアルと激しい小道具や展開に、原作は未読ですが孤島の鬼の世界観に自分も翻弄されました。そして御幸の強引な手引きによって芝居の純度をたかめ、役の諸戸に深く深く潜っていく誠。「人ならざるもの」のような御幸の存在感にも震えます。

2021/04/25

東晃

スチームパンク乱歩……?とにかく純粋に役への没頭を求め続けさせる姿に「信仰」を重ね合わせさせる豪腕が凄いよ 星四つ

2021/04/20

どんとこいどすこい

やったー!マチソワ最新巻だー!やっと御幸と誠の兄弟共演「孤島の鬼」が開演となりました。ふたりは諸戸と蓑浦をどのように解釈したのか?クロケンが「孤島の鬼」をどのように表現したいのか?が明かされていきます。スチームパンクを融合させた舞台の雰囲気が最高!御幸が誠をどう思っているかもチラホラ見えてきて興奮が止まりません。そして御幸が蹴った「葡萄畑への道程」も同日に開演。世間に広く宣伝され何倍もの客席のチケットも完売している「葡萄畑〜」に勝てるのでしょうか。これ読んでから原作の読んだらメチャクチャ楽しいだろうなあ…

2021/04/19

感想・レビューをもっと見る