読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

葬送のフリーレン (5) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン (5) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン (5) (少年サンデーコミックス)

作家
山田 鐘人
アベツカサ
出版社
小学館
発売日
2021-07-16
ISBN
9784098506347
amazonで購入する Kindle版を購入する

葬送のフリーレン (5) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

死闘・・・かと思いきや、優しさの勝つ第一次予選だった(ほっ)。今回フリーレンやフェルンが絡んだ4チームは皆好ましい。あの殺人狂っぽい子も、リアリストな爺さんも、荒んだ風の傭兵も。もちろん命の遣り取りは在るから物語も弛まない絶妙なバランス。フリーレンからみたら、みんな弟子に見えているのかもね。知略とチームを俯瞰して知る事の出来るようになったフリーレンの姿、ちゃんと勇者ヒンメルに重なって見えた。“平和な時代の魔法使い”という言葉、一般的な解釈と違う意味合いが素晴らしく響く。

2021/07/18

トラシショウ。

「きっとこういう魔法使いが平和な時代を切り開くんだ。戦いを追い求める貴方には魔王を殺せない。私達じゃ無理なんだよ。だってさ師匠、平和な時代に生きる自分の姿が想像できねぇだろう?」。前巻より承前、オレオールへ進む為に一級魔道士試験に臨むフリーレンとフェルンの活躍を描く。今回は三人一組でのチームによる隕鉄鳥(シュティレ)捕獲を目指す一次試験の顛末まで。二人の目が無いのをいい事に夜更かしして夜中にジュースなんか飲んでた事をバッチリ知られて涙目なシュタルクがもはやヒロイン枠に見えてきた(笑)(以下コメ欄に余談)。

2021/07/23

はな

フリーレンの生き方がとても好き。魔法が使えることを自慢するよりも、好きなこと(魔法集め)に夢中になってるのがほんとに素敵。もっとやったれーってなる。さて、魔法試験。合格する素質は十分なんだろうけど、その過程が気になりすぎて。

2021/07/18

カブ

魔法使いも試験があるのね。合格までがんばぁ~れ。

2021/07/23

毎日が日曜日

★★★★ フェルン最強説。

2021/07/18

感想・レビューをもっと見る