読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

よふかしのうた (8) (少年サンデーコミックス)

よふかしのうた (8) (少年サンデーコミックス)

よふかしのうた (8) (少年サンデーコミックス)

作家
コトヤマ
出版社
小学館
発売日
2021-07-16
ISBN
9784098506354
amazonで購入する Kindle版を購入する

よふかしのうた (8) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うさみP

校内で口内を!口内を校内で!!キミは誰と口内デート?夜の中を活きる人達の昼。吸血鬼が先生の夜間学校へ。10年前の七草ナズナと文芸部の住人。カラッポな彼女の人格形成に大きく関わった最初の友達。行方不明となった彼女の足跡。クソデカ感情デカ女(メルヘン)。不倫をする父と、夫に執着して娘に無関心な母。傍目で壊れてどうしようもない家族だけど、そんな家族でも大好きで、だけど大好きが私を苦しめ続ける。居場所を求めて夜と約束するが。夜は残酷に明けてしまう。夜のままでいいのに。

2021/07/24

MINA

キョウコ先輩って口調からして明らかにあの探偵よな…。確かナズナちゃんって推定30~40って言ってなかったっけ?で、10年前…あっナズナちゃん外見変わらないんだっけか。あとメンヘラ拗らせすぎなリラちゃん、コウくんとどうなる?(笑)ナズナちゃんとコウくんの関係性、というか距離感いいなぁ。前巻のカブラとの話といい、今回のキョウコ先輩の話も何か本当に性別問わず唯一無二感があって素敵だわ。

2021/07/17

毒餃子

目代先輩って探偵さんでしょ。工藤新一と江戸川コナンみたいな感じで。

2021/07/20

YS-56

夜の記憶は何を語る?今につながる「何か」なんでしょうね…。

2021/07/17

リク

そういえばコウくんって元優等生だったか。夜に慣れきった姿を見てるとすぐに忘れちゃうな。今回は学校への侵入からナズナちゃんの過去が語られる。一般的な知識が欠落していた頃のナズナちゃんは少し不思議な感じ。そして探偵ごっこ。ああ、ここに繋がってくるのね。なるほど、上手い。また複雑な関係が現れたところで、コウくんはどう動くのか。そして前半でフェードアウトしたメンヘラさん(ガチ)の扱いがどうなるのか気になる。

2021/07/17

感想・レビューをもっと見る