読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

作家
渡瀬悠宇
出版社
小学館
発売日
2021-10-18
ISBN
9784098507481
amazonで購入する Kindle版を購入する

アラタカンガタリ~革神語~ リマスター版 (14) (少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

アメエノ編からシム編。他の剣神は、呼んでも鞘の元に戻って来ないのに、創世だけは離れていても呼んだら革の所に戻って来るんだね。アメエノ編が完結するとまた現代に戻り、最後の十二神鞘「ムメイ」が登場したことで暴走するハルナワの隠された秘密とムナカタとの意外な関係。アメエノとナサケ、ムナカタとハルナワ、門脇親子の父と子の愛情の深さが分かります。空からシムの領地に入れないので、海中から領地に侵入する革たち。門脇はミヤビと一緒に故郷のハルナワの領地に行く。荒れ果てたハルナワの領地では鞘たちが悪者扱いにされていた。

2021/11/15

感想・レビューをもっと見る