読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空母いぶき (10) (ビッグコミックス)

空母いぶき (10) (ビッグコミックス)

空母いぶき (10) (ビッグコミックス)

作家
かわぐちかいじ
惠谷治
出版社
小学館サービス
発売日
2018-07-30
ISBN
9784098600540
amazonで購入する Kindle版を購入する

空母いぶき (10) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

いよいよ中国艦隊との対決で結構これが長く続くのでしょうね。これがシリーズのヤマになるのかもしれません。両方の艦長とも冷静ですが、やや中国のほうが事大主義がかっている感じです。この作者の話は昔からかなり読んでいますが、沈黙の艦隊もそうですが、大国を相手にしてがんばるのが好きですね。

2018/08/06

momogaga

レンタル。読みながら色々なことを考えてしまう。日露戦争、ミッドウェー海戦、主力戦闘機F35。戦争は始まったら後戻りはできない。平和な今こそ、歴史に学ぶことが多いのでは。

2019/04/20

future4227

対空ミサイルか対艦ミサイルか、どちらを搭載するかによって戦闘機の戦闘能力が大きく変わる上、戦略も変わる微妙な選択。即断即決が迫られる中での中国軍の捨て身の戦法。まるでミッドウェー海戦の再来を思わせるかのような緊迫した航空戦が繰り広げられるシリーズ最高の一冊。

2019/07/05

tan

どんどん戦争が激しくなってくる。民間人に被害が出てないなら自衛隊員が戦死しても許されるのか?現実ではこんなに簡単にいかないとは思うけど戦闘シーンが生々しくて恐ろししいです。映画化が決まってからもう秋津は西島秀俊にしか見えません。

2018/09/18

やじ

もうダメです。胃がキリキリします。台風を乗り越えて来るなんて。思い通りに行かないけど当たり前なんだよね戦争なんだもの。相手に撃たせてからでないと攻撃できない法律をキッチリ守るクソ真面目な私たち。自分たちの手足を縛るなんてマゾかな?秋津艦長を西島秀俊が演じるらしいです。話が進まないのでまた1年くらい読むの我慢かな。

2018/07/31

感想・レビューをもっと見る