読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人間失格 (3) (ビッグコミックス)

人間失格 (3) (ビッグコミックス)

人間失格 (3) (ビッグコミックス)

作家
伊藤潤二
太宰治
出版社
小学館サービス
発売日
2018-07-30
ISBN
9784098600564
amazonで購入する Kindle版を購入する

人間失格 (3) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone 1月は恒例の怪獣月間ฅ(`ω´)ฅ

苦しい。今は只々、そう感じることしか...出来ない。

2018/10/24

澤水月

伊藤潤二に「やられた」!見事に太宰の人間失格から伊藤ワールドそのものに展開、おぞましいのに蠱惑的、醜いのに美しく悲惨すぎて笑える…「薬草の間」の精緻すぎる描線、狂気孕み魅入らせられる。ある意味原作に忠実な「枠組み」、そう来たか!と感心しきり、大胆な手法。この刊行始まってから原作再読したがまた原作も読みたくなった(原作の主人公も漫画で生計を立てている、これもコミカライズに合う点かもしれない)。伊藤潤二の新境地挑戦は大成功だったと思う。次はどんな作品なのか、期待してしまう

2018/08/24

ぐうぐう

雪が舞う中、葉蔵が兵隊とすれ違うシーンは、荒戸源次郎監督版の映画『人間失格』を思わず連想してしまう(その映画版はまた、『愛のコリーダ』へのオマージュとして、その場面を撮っているはずだ)。だが、伊藤潤二は、あくまでホラーの手法で描く。この場面に限ったことではない。徹底的に恐怖表現を用いて、『人間失格』をコミカライズする。伊藤潤二がコミカライズするのだから、当然と言えば当然なのだが、この揺るぎない信念こそが、伊藤版『人間失格』の個性であり、貫禄であり、感動をもたらせる最大のポイントだ。

2018/08/01

すぱちゃん

流石ホラー漫画の第一人者、禍禍しい。以前、古屋兎丸の漫画化したものも読んだが、伊藤潤二のほうが描ききっていておぞましく、古屋はあとがきで、大庭の最後の絶望迄は描けなかったと書いていたが、そういう意味で、両方を読んでみても良いと思う。

2019/05/02

直人

完結編。 実は私は原作を読んだことがないんだが──というのは以前も書いたとおり。 かなりアレンジがされているんだろうなあ,というのは読んでいて判る。 あの方が登場するあたりなんかは。 最終刊だけあって,かなり気合いの入ったホラーっぽい描写が多い。 そこらへんは,さすが伊藤先生!と唸ってしまう。 調べたところだと,原作の太宰治は,この『人間失格』脱稿から1カ月後に入水自殺したとのこと。

2018/08/01

感想・レビューをもっと見る