読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

作家
相田裕
出版社
小学館サービス
発売日
2018-09-28
ISBN
9784098600793
amazonで購入する Kindle版を購入する

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

文化祭があり、体育祭があった今巻。丸山と烏谷の関係に変化はない。お互い真面目な性格をしてるから、取り敢えず付き合おうにはならず、恋心を抱いている。ナカナツは、烏谷から部活について強くアドバイスを貰ったら、好きになっちゃうよね。今さら恋心を抱いても、手遅れではあるのだが。文化祭では、OBも出てきて、学生生活をしてれば、恋の1つもするものですね。また東と三春にも動きがあり、ゆっくりと距離を縮めています。恋愛してるってよりは、青春してるなって漫画です。この煌めきが、いつまでも消えないといいのになあ。

2019/12/26

exsoy

1518ってそういう意味だったのかと帯を見て知る。2年生組も青春してやがるなちくしょう!

2018/10/20

よっち

文化祭を絡めて描かれる山崎と卒業した先輩の恋、三春と東の同志みたいな関係、そして確かな絆を感じるようになってゆく幸と公志朗の関係とナカナツの想い。ほんと甘酸っぱい恋模様に真っ直ぐに青春しててぐっと来るんですけど、リレーの流れから三春と東のあんなデートに繋がるとは思わなかった(苦笑)少しばかり遅かったナカナツはどうするのかなあ…。

2018/10/09

イーダ

東くん頑張れ!超絶応援してるぞ!ザキさんが会長を女として意識してないのはそういう訳だったのかー。もったいない。ナカナツかわいかった。もう青春がこの一冊に詰まっている!

2018/09/29

あきあかね

 高校の生徒会を舞台にした、瑞々しい青春群像。決して大きな出来事が起こるわけではないけれど、15歳から18歳という人生の輝ける季節の中、個性の異なる登場人物たちの心の揺れをあたたかなタッチで描き出す。 これは「再生」の物語でもある。肘を壊して野球の夢を砕かれた者も、男女の身体能力の違いを感じ野球を諦めた者も、一度はすべての希望も執着も失った後、生徒会という場で仲間と出会うことで、新しい道を見つけていく。⇒

2020/03/14

感想・レビューをもっと見る