読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血の轍 (4) (ビッグコミックス)

血の轍 (4) (ビッグコミックス)

血の轍 (4) (ビッグコミックス)

作家
押見修造
出版社
小学館サービス
発売日
2018-09-28
ISBN
9784098600816
amazonで購入する Kindle版を購入する

血の轍 (4) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

積読消化。吹石さんの接近が静一の心に穏やかな気持ちと、これまでになかった感情を呼ぶ。放課後、同じジャージのままにベンチで日が暮れるまで、やがて日が暮れても語り合う二人。しかし急速なその接近が、母・静子の心に違和感と疑念を生じさせる。「ぼくと、つきあって」。拙い告白をし、中学生なりに真剣な気持ちを募らせる二人を目にした静子が自転車を乗り捨て、草むらをかき分けて迫る。訪れる初めての、そして明確な拒絶。指の爪が割れる程に歯噛みする静子の視線が怖い。これほど恐ろしい親離れの物語があっただろうか(以下コメ欄に余談)

2018/12/28

かにひろ

狂気。「みたわよ」の破壊力。どんなホラーよりもホラー。悪夢。読みたくないけど気になる。

2019/05/11

神太郎

吹石さんと静ちゃん。年頃らしい関係で良い感じじゃないか。結果的に静ちゃんは救われているし(所々吹石さんも危うさが見えるが今は目をつぶろうと思う)。しかし、勿論、その年頃の場面の合間合間に静子さんの顔。要所要所怖い。時には表情が分からないながらもごめんねと謝るところも。益々静子さんの本音がわからない。後半の吹石さんとの逃避とそれを追いかける静子さんの暗がりのなかのシーンは圧巻。ホラー的演出。吹石さんとどうなるのか……。

2018/10/01

うめ

息子は可愛いんだろうなぁ。けれども怖い。驚く程怖い。

2018/10/02

ひこばえ

吹石さんとのやり取り羨ましすぎるー!!! 特に表情! 何度も天井を見て奇声を発してしまった(外では読めない)。お母さんは現れ方と言いラスボス的な感じになってきた(笑) 気になる点は、何か吹石さんの中にお母さんの面影を感じるところがあるな~。無意識のうちに惹かれあってしまうのだろうか? そうだとしたら、お母さんから逃れることができたとしても・・!

2018/11/11

感想・レビューをもっと見る