読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)

作家
東村アキコ
出版社
小学館
発売日
2018-08-09
ISBN
9784098601035
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

妹を守る。それが兄の“戦国”だった――

天二十一年(一五五二年)、穏やかに一年の始まりを祝う景虎たち。

戦乱が絶えぬ中、束の間の休息と思われたが、武田晴信(後の信玄)の軍師、山本勘助がはなった「草」が越後に潜入…
その陰は、隠居中の景虎の兄・晴景の周辺にも忍び寄る。


病弱、戦嫌い、家族想い。
時代と立場を誤り、生まれてきてしまった心優しい人。


景虎を女城主とし、陰ながら支えた彼にも、歴史に記されなかった戦いがあった。


さらに、景虎に助けを求め、関東から招かれざる客がやってくる。

いざ、新たな戦いへ――


東村アキコが描く本気の大河ロマン。
女・上杉謙信一代記、第6集!

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

上杉謙信女性説による作品。長尾晴景への新解釈。上杉憲政の亡命。第一次川中島合戦へと話しは進む。上杉謙信女性説を裏付ける毎月の痛み。一定の納得感を得ることが出来る。気になるのはこれからの展開か。個人的にはライトな戦国歴史モノで進めるのであれば、これ以上は読んで得るべきものを感じない。上杉謙信が女性であった。そこからのオリジナルな物語性を感じないのだ。歴史をなぞって進めるだけであれば、魅力に欠けるのではなかろうか。景虎自身が女性であることを簡単に明かすのもライトすぎるように感じてしまう。これからに期待したい。

2018/08/11

るぴん

晴景が虎を守るために戦う。妹を想う兄の愛に涙。そして全てを知り、兄に感謝する虎にも涙(/ _ ; )。東村さんの描く信玄も相変わらず魅力的。物語はいよいよ川中島へ。

2018/08/15

ぐうぐう

上杉謙信が女性だったという説を採用する『雪花の虎』は、女性であるがゆえに起こるドラマを当然ながら積極的に描いて行く。謙信は毎月十日前後になると決まって腹痛を訴えて城に引きこもっていたとする史実を東村アキコは、生理痛だと見立てる。それは、他の武将にはない悩みだ。苦悩だけではない。兄である晴景との関係性は、兄弟よりも、兄と妹という関係だからこそ成立し、込み上げるドラマとして描かれている。晴景の、景虎(謙信)に掛ける最後の言葉と辞世の句は、そのままタイトルへと重なる、兄から妹への想いが込められている。

2018/08/18

どあら

妹から借りて読了。悲しい別れは辛いです~(T-T)

2018/09/19

だいらかずよ

兄上~( ;∀;)私が言うとどの兄上?になるだけど…晴景兄も戦の世の人やったんやね…しかし助け求めてくる人多すぎぢゃね?(笑)村上氏とか客なのにヤベー人やしなんか長尾家と楽しい仲間達になってきた(笑)さて次はあの川中島の戦い!

2019/01/17

感想・レビューをもっと見る