読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

しっぽの声 (3) (ビッグコミックス)

しっぽの声 (3) (ビッグコミックス)

しっぽの声 (3) (ビッグコミックス)

作家
夏緑
ちくやまきよし
杉本彩
出版社
小学館
発売日
2018-11-30
ISBN
9784098601424
amazonで購入する Kindle版を購入する

しっぽの声 (3) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

先日、ギャラリーエフで長期にわたって支援してきたある動物愛護団体が、飼育崩壊をおこした。その哀しいいきさつを見聞きした自分たちにとって、非常に悲しいが、3巻は現実的な内容だった。多頭飼育崩壊ーアニマルホーディングーは生きた動物が関わった「ゴミ屋敷問題」であり、身近でも起きていることだ。1家庭で何匹の動物を幸せにできる?「殺処分ゼロ」は本当に正しい?素人ブリーダーのミスが産んだ子ネコたちの一匹である我が家のオス猫を膝に乗せながら、ため息が出た。4巻は引き取り屋になりそうだ。今から読むのが怖い。

2019/04/21

友蔵

上手く言葉が見つからないです。そもそも命を売り買いするという発想が私には理解できないのだけど、人間の無責任の連鎖が動物たちを苦しめている現状に、きちんと目を向けないといけないと思います。次号は3月末頃に出るのか。。

2019/01/09

ochatomo

帯に「工場で生産される命って? 消費期限のある命とは? その『かわいい!』の裏側にある、地獄-」 殺処分0の裏側へ迫る 譲渡できる健康状態の動物かつ実際に殺処分した数だけカウントする新基準 捨て犬の増加と動物保護施設の飼育崩壊(劣悪な環境で治療せず死んだら0カウント) 初出ビックコミックオリジナル2018年連載 2018刊

2019/02/08

ツキノ

殺処分ゼロ達成の裏側。「殺処分ゼロだから罪悪感なく生まれたネコを捨てられる」市民。「殺処分ゼロにするために引き取りを拒否」する保護センター。「保護とはただ生かすことではない」。散歩も必要。ボランティアの力も限界に。「劣悪な環境で病気や怪我の治療もせずに死んでも、実際に殺処分しなければゼロ」。

2019/04/16

fumikaze

スコティッシュフォールドの1部には関節炎など体の弱い猫が生まれるのかと思っていたが、この漫画ではこの品種は全て問題がある猫ばかりで、国によってはこの品種そのものの繁殖を禁止しているとなっている。何が本当なのか分からない。つまり、血統書付きの純血種は作るべきで無いということなのだろうか。

2018/11/29

感想・レビューをもっと見る