読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (上) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (上) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (上) (ビッグコミックススペシャル)

作家
原田まりる
荒木宰
出版社
小学館
発売日
2018-11-12
ISBN
9784098601660
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

漫画で読むと哲学はこんなにわかりやすい!

第5回京都本大賞受賞の同名小説がコミックに!京都在住の女子高生の前に現れた爽やかニーチェが優しく、そして時に厳しく人生指南。哲学アレルギーもこれを読めば完全克服!他の哲学者も次々(彼らすべてがいわゆるイケメン軍団!)降臨してラブコメ哲学漫画が繰り広げられます!待望の第上巻配信。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (上) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

原作小説を読みたい本に登録してしばし、知らぬ間にコミカライズされていたので未読のままに手に取る。失恋の痛手から神社で願掛けした女子高生・児嶋アリサの前に現れたのは、現代の青年にしか見えない哲学者ニーチェ。「お前を超人にしてやる」という彼の独特過ぎる哲学とマイペースにも程がある態度に面食らいながらも、根が正直で素直な彼女の心のありようは徐々に変化していく事になる。著名画家の現代転生ギャグ「ガカバッカ」の哲学者版笑い少なめラブコメ風味で難解なイメージの哲学を分かりやすく噛み砕いていく内容(以下コメ欄に余談)。

2018/11/16

どんぐり

小説版購入も読まず積み本化で購入。読みやすいです。

2019/01/22

ちゃーりー

ドラッカーの「マネジメント」を分かりやすく、ということで「もしドラ」という作品がありましたが、こちらも、哲学への興味・関心の入口として、とっつきやすく、分かりやすいです。読むと、少し前向きになれます。

2019/01/11

グワカマーヨ

上中下のうちの上。

2018/11/12

感想・レビューをもっと見る