読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル)

作家
石塚真一
出版社
小学館サービス
発売日
2018-10-30
ISBN
9784098601691
amazonで購入する Kindle版を購入する

BLUE GIANT SUPREME (6) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

5巻から始まったベルリンから出た再出発ツアーの途中。大たちジャズカルテットの名前が決まったり、PRのため立ち寄ったフランクフルト空港で、偶然ピアニスト・ブルーノの過去が明らかになったりと、順調にツアーは進む。しかし、もっと知名度を上げるために彼らが選んだものは、ジャズフェス。やはり、この6巻で一番印象に残ったのは、空港でのピアノの連弾シーンだったが、次巻ではジャズフェスでの彼らの演奏シーンとそれに対する観客の反応が今から楽しみだ。

2018/11/18

しいたけ

バラバラかと思っていた彼らが、何だかわちゃわちゃとイイ感じで旅をする。同じ方向を向いてる感に、思わずニヤニヤしてしまう。一瞬一瞬のきらめきは夢を追う人生の糧になる。彼らが挑む、ヨーロッパで一番小さなジャズフェスティバル。次巻を待つのがもどかしい。

2018/11/08

wata

ジャズとクラシックの連弾、生で聴いてみたい。少しのチャンスを最大限に利用して自分達を売り込むことに成功!フェスも迫力ある演奏で目立っちゃおう!

2018/11/26

コットン

フェス直前までの大達の成長が見られる。本筋から脇にそれるが、自由行動となった大が川原で練習しているとチビ君が関心ありげに聞いたりお使いしたりで…。別れ際、チビ君が大のサックスで音を出して最後に抱擁!この時の様子を大はメンバーにこう言った「ヨーロッパに抱きしめられた。」 もしかして、vol.12位まで進んだら2ホーンでセッションしていたり…と妄想たっぷり!

2018/12/09

くりり

フランクフルト空港でのピアノ連弾、 サックスの練習をする大を見つめる少年、 オランダのジャズ・フェスに向かう大たち「NUMBER FIVE」、 最小規模のフェスで度肝を抜く演奏をガツンとやって欲しいものです♪

2018/11/25

感想・レビューをもっと見る