読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海帝 (2) (ビッグコミックススペシャル)

海帝 (2) (ビッグコミックススペシャル)

海帝 (2) (ビッグコミックススペシャル)

作家
星野之宣
出版社
小学館サービス
発売日
2019-02-28
ISBN
9784098602605
amazonで購入する Kindle版を購入する

海帝 (2) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

星野さんの新作第2巻です。大艦隊が発進して南下してベトナムに到着します。そこでは安寧の地と思われたのですが抗争の地となってしまいます。武器を使わずに可決をし、さらに南下を続けます。マラッカ海峡近くではおおいかの群れにおそわれたりしますが鯨が出てきたりして何とか切り抜けます。そこから西進していくようです。

2019/03/28

ぐうぐう

南海諸国へ出航する鄭和。その数、実に62隻。驚きの規模の艦隊だ。コロンブスやマゼランに先駆けること、百年も前の時代だというから、さらに驚きだ。「これから私たちは、新しい世界をたくさん見ることになるでしょう。誰も知らない広い広い世界をーー」鄭和の言葉通り、行く先々で不気味な伝承や神話的存在に出会う。屍頭蛮という妖怪まで登場する。まるで、プリニウスのようだ。しかし、『宗像教授』シリーズを描いた星野之宣のこと、きちんとそこに種明かしを用意するのがいい。

2019/03/04

サケ太

目指すは新しき世界。宦官でありながら強く、皇帝をよく知りそれを利用する策謀家でもある鄭和。彼の見た世界は、その歴史は現代にも繋がっていく。あまりにも壮大、それが良い。

2019/08/09

緋莢

<永楽3年(1405年)宝船艦隊出航――総勢62隻、人員27000名。世界史上空前の大航海の幕開けであった。>鄭和がまず辿り着いたのは占城王国(現在のベトナム中部)。そこで屍頭蛮が出るという噂を聞きます。「首だけが飛んで、人を襲う妖怪」である屍頭蛮の正体は…ある意味、妖怪であった方がまだ救いがあると思うぐらい、えぐかったです(続く

2019/09/08

毎日が日曜日

★★★★

2019/03/22

感想・レビューをもっと見る