読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GIGANT (3) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (3) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (3) (ビッグコミックススペシャル)

作家
奥浩哉
出版社
小学館サービス
発売日
2019-02-28
ISBN
9784098602643
amazonで購入する Kindle版を購入する

GIGANT (3) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「こんな立派な人と!!息子が付き合ってるってだけで!!祝福してくれるべきじゃない?!親だったら!!」。謎の投票サイト「ETE」の投票により六本木を初めとする世界各地に現れるそれぞれの国にとっての「破壊神」が猛威を振るう。右手の「時計」の力で巨大化し、渦中の零を救うべく全裸でこれに挑むパピコ=ちほの孤独な戦いの顛末から、六本木の惨状に基づくその逮捕を経て、再び多数の巨人に蹂躙され、侵されていく日常まで。カタルシスなきスペクタクル。考えていたよりずっと早く、絶望的に混沌と化して来たなぁ(以下コメ欄に余談)。

2019/03/11

ぐうぐう

『GIGANT』の読みどころは当初、画の意図された非バランスな違和感や、その違和感が直接的な主題を象徴していることであったりといった部分だった。ところが最新3巻において、俄然、物語がそれを上まわって来た印象を強く受ける。画と物語、そこに純愛の要素が絡んでいるのだ。となれば、これは、最強の漫画になる予感が益々してくるではないか。

2019/03/02

レリナ

なんだこれ。色々衝撃的な展開の連続で面白かった。パピコが巨大化して破壊神を倒したのだが、その後の展開が悲劇的。UFO、巨人、人類を襲う未知の脅威。流石奥先生。漫画の面白味が違う。ETEの暴走は止まらない。パピコがどうなってしまうのか、人類はどうなってしまうのか、気になる。今回話が一気に動き出した気がするので、ETEの正体を早く知りたい。出てくる敵が怖い。セリフが恐怖を掻き立てる。巨人の脅威からどう逃れるのか、解決はするのか、気になる。次巻に期待。

2019/03/04

ちろ

1〜3巻を1時間足らずで一気読み。 ハマった〜!ちほさん、おっきくなっても可愛くて色っぽい。巨人の謎と、2人の純愛の今後が気になる。

2019/07/31

hannahhannah

ちほと巨人の戦い。しかし、「GANTZ」もそうだったが、嫌な人間が多いわ。作者の奥浩哉は日本の大衆や社会構造が大嫌いなんだろうな。

2019/04/06

感想・レビューをもっと見る