読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

作家
石塚真一
出版社
小学館サービス
発売日
2019-02-28
ISBN
9784098602650
amazonで購入する Kindle版を購入する

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

初フェスは主催者の思いにも感動。いい感じからの不穏な空気。焦れる。帯に「大英博物館日本セクションライブラリー所蔵!!」との文字が。凄いことなのか、よくあることなのかわからないけど、とりあえずおめでたい。

2019/03/01

hiro

オランダの小さな街ホルストで初めて開催されるジャズフェスティバル。運営も初めてで手作り感がいっぱい、出演者には高校生がいて、ジャズを初めて聞く観客もいる、そんなジャズフェスのオープニングアクトは、オーディションを合格して出演したわれらの「NUMBER FIVE」。きっと大には忘れられないジャズフェスティバルとなっただろう。そして後半は、またまた大に大きな動きがありそうな予感がする出来事が…。もう第八巻が待ち遠しい。

2019/03/08

くりり

令和一冊目、小さな街でのジャズフェス♪NUMBER FIVEの熱さは、高校生バンドやサム・ジョーダン(いけ好かない奴だと思ってたのに(笑))の本気を出させ、情熱が伝わってくる最高のフェスに...。 ジョーダンが大に言った言葉「君はもっと負ける必要がある」とは? そして次巻は、大と代役サックス奏者の戦いが始まる...のか?

2019/05/02

コットン

読後、ライブの感動の余韻が残るような感覚になる。今後の展開も楽しみ。

2019/03/21

こも 零細企業営業

初っ端が彼等だからこそ演奏者、運営、客の心を一つにした。そして、ベテランプロプレイヤーの偉大さも感じさせる。1日目で運営を感動で泣かすとか凄過ぎだろ。イヤハヤ本で音が鳴って無いのに、演奏が聴こえてきたよ。

2019/03/02

感想・レビューをもっと見る