読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)

作家
石塚真一
出版社
小学館
発売日
2019-02-28
ISBN
9784098602650
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

初開催フェスにカルテットの音が響く…!!

初開催フェスのオープニング・アクトをつとめることになった大達は、素人の主催者達初めて人前で演奏する少年達ビジネスとして出演するレジェンド、目の前のあらゆる人々の思いを抱えてステージに立つ。
観客は、まだ少ないが…!?
そして、カルテットの前に大と同じテナーの超絶プレーヤーが現れる…

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

初フェスは主催者の思いにも感動。いい感じからの不穏な空気。焦れる。帯に「大英博物館日本セクションライブラリー所蔵!!」との文字が。凄いことなのか、よくあることなのかわからないけど、とりあえずおめでたい。

2019/03/01

hiro

オランダの小さな街ホルストで初めて開催されるジャズフェスティバル。運営も初めてで手作り感がいっぱい、出演者には高校生がいて、ジャズを初めて聞く観客もいる、そんなジャズフェスのオープニングアクトは、オーディションを合格して出演したわれらの「NUMBER FIVE」。きっと大には忘れられないジャズフェスティバルとなっただろう。そして後半は、またまた大に大きな動きがありそうな予感がする出来事が…。もう第八巻が待ち遠しい。

2019/03/08

コットン

読後、ライブの感動の余韻が残るような感覚になる。今後の展開も楽しみ。

2019/03/21

新手田 円花@芸術を超越するレアル感☆彡

遂に大たちNumberFIVEが初めてのフェスに参加する。しかもオープニングファクトで!気持ちが引き締まったメンバーたちの演奏は見事にまとまり最高のステージで終えることが出来て続く高校生のグループにも影響を与えてフェスは大いに盛り上がる。更に大御所のサム・ジョーダンカルテットのアンコールにも呼ばれて素晴らしい演奏をしてくれる。物語の終盤で大の父が倒れて日本への帰国が訪れる、また大のライバルも現れてメンバーを助ける場面もww。

2019/03/03

らー

フェスが良かった!何もかも。後半は大の出番は少なく、ライバルの存在がとても気になりましたが、ラストのラファエルのセリフにしびれました。影響を受けるより、他人に影響を与えるのが本当の大きな男です。それが「大」!

2019/03/16

感想・レビューをもっと見る