読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (下) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (下) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (下) (ビッグコミックススペシャル)

作家
原田まりる
荒木宰
杉基 イクラ
出版社
小学館
発売日
2019-03-12
ISBN
9784098602711
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

哲学×ラブコメ、深くうなずくコミック!

第五回京都本大賞受賞の同名小説がコミックになった!
京都在住の女子高生・児嶋アリサの前に現れた爽やかメガネ男子のニーチェが厳しく、時に優しく人生指南。哲学アレルギーもこれを読んで完全解消!
サルトル、ショーペンハウアー、キルケゴール、ハイデガー、ヤスパース……多くの哲学者も現世に降臨。希代の哲学漫画が繰り広げられます。
哲学を優しく学ぶ絶好の書、これにて完結!

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (下) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「一度きりの人生です。自分が大切だと思う事をとことん突き詰めて行けば良いのです」。対象化と他有化、本来的な生き方と非本来的な生き方、被投性と根源的時間、驚きと疑い、喪失が形作る三つの根源。(見た目が)胡散臭いサルトル、堅物そうなハイデガー、穏やかなヤスパースらの言葉がアリサの中に浸透していく。やがて訪れるニーチェを含む「彼ら」との別れの時に彼女が掴む「人生の意味」とは。難しそうな(実際難しい)題材を、老若男女を多彩に描き分ける精緻な作画と堅牢な脚本でしっかりと描き切った秀作(以下コメ欄に余談)。

2019/03/23

感想・レビューをもっと見る