読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雪花の虎 (7) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (7) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (7) (ビッグコミックススペシャル)

作家
東村アキコ
出版社
小学館サービス
発売日
2019-03-12
ISBN
9784098602766
amazonで購入する Kindle版を購入する

雪花の虎 (7) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

妹から借りて読了。長野県善光寺、30年振りに行きたくなりました!ついに京都上洛編ですね、楽しみ(^^)

2019/03/21

るぴん

女として生きることは諦めても、女の苦しみは捨てられない。生理痛が重いのは辛いよね…。お蘭姐さんは虎さまとはまた違った色っぽさ。京都編ではまた虎さまファンが増えそうだなぁ。それにしても長野の善光寺。長野在住時はよく行ったのに、そんな謂れがあるなんて知らなかった‼︎ちゃんと歴史を調べてから、また訪れたい。

2019/03/18

どあら

完結したので再読。ついに川中島の合戦だー❢ 後半、有名な方々が登場☺️

2021/05/08

ぐうぐう

上杉謙信が女だったという説を取る『雪花の虎』。女であることで起こるドラマに、当然こだわる。今巻で言えば、千曲川を渡る景虎に生理痛が襲う。高天原に住む神々が戦った際、流れた血潮によってできた川との伝説のある千曲川で景虎は想う。「その高天原には女の神様もおったんじゃろうな」と。第一次川中島の戦いを東村アキコは、男女の恋の駆け引きのように描く。そして景虎は、京都へ。

2019/03/28

つーこ

やはり、そろそろ自分の知識の浅さに限界が・・。あの川中島の戦いが第4次まであるなんて知らなかった!ふ〜ん、まだ戦わないんだ・・とニュアンスで理解したつもりになっている中、話は京都。え?いつの間に京都行きが決まったの??やばいやばい。ニュアンスで読んでたら置いてかれる!

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る