読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス)

作家
相田裕
出版社
小学館サービス
発売日
2019-04-12
ISBN
9784098602957
amazonで購入する Kindle版を購入する

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

完結。15歳から18歳の青春を見事に描き切った本作では、冒頭で丸山と烏谷が付き合います。待たせたな…という感じで、二人の関係は良い感じです。次に生徒会の生徒会長になるため、二人は戦います。仲良く会長と副会長じゃないのが、二人らしいです。二人の激闘が描かれ、春となり、新しい風が吹きます。新しいキャラクターも面白くなる雰囲気が伝わりますが、物語としはここまで。「夢を諦めるところから始まる物語」は、小さな一歩を踏み出し、幕を閉じます。あとがきやカーテンコールを読む限り、まだ続けたい気持ちがあるようでした。

2019/12/26

exsoy

控えめに言って最高。登場キャラ全員のささやかな、されど確かな成長を見届けることができて満足。

2019/04/13

イーダ

尊い青春の全てがここにつまってる!それ以外の表現のしようが無い。烏谷、一年で本当に良く変わってくれた。そこに導いた丸ちゃんをはじめとする生徒会の先輩たちも本当に尊い!お色気も派手な演出も無い。ある意味地味に見える作品かもしれないけど、これだけは言える。この作品は読んで損は無い!むしろ絶対に読むべきであると!それでも実質打ち切りなわけですが、私はまた彼らに会える事を確信しています。

2019/04/12

よっち

いろいろあったけど、ようやく落ち着くところに落ち着いた烏谷と幸。生徒会長選も面白かったし、環の想いも気になるところだし、この物語をもう少しじっくり読めれば良かったなとも思いましたけど、お疲れ様でした。面白かったです。

2019/05/23

瀧ながれ

クライマックスを、先輩の卒業式じゃなくて自分たちの戦いと新入生の加入で盛り上げたの、この作品らしくて好ましい。生徒会長選挙のときのポスター作りの両陣営の姿が、完成したポスターも合わせて、仲良しでいいなあ。どっちのポスターも素敵ですが、敢えて選ぶなら、日本刀を持った自由の女神アリスがたいへんチャーミングでございます。派手な事件なんかなくても、この年代の彼らの喜怒哀楽は進むも止まるも大忙しで、ほんとに読み応えがある楽しい作品でした。完結、お見事です。(でもちょっとさびしい)

2019/04/14

感想・レビューをもっと見る