読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アガペー (ビッグコミックス)

アガペー (ビッグコミックス)

アガペー (ビッグコミックス)

作家
真鍋昌平
出版社
小学館サービス
発売日
2019-05-30
ISBN
9784098603503
amazonで購入する Kindle版を購入する

アガペー (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

H!deking

真鍋さんの読み切り短編集。いやこれココ最近読んだ漫画で一番面白かった!真鍋さんウシジマくんだけじゃないね。おすすめ!

2019/06/04

伊藤健太郎そっくりおじさん・寺

毎週月曜はスピリッツの『闇金ウシジマくん』とヤンマガの『センゴク』を立ち読みするのが習慣だった私。『ウシジマくん』が終わってしまったせいか、つい『センゴク』のチェックを怠るようになってしまった。本書はウシジマくんの作者の短編集。見たくない悪い現実をこれでもかと詰め込んだ感じは『ウシジマくん』同様だが、読み進めていて、『東京の女』のクライマックスで私は泣いてしまった。人生の正解を出した者にも、現実は容赦無い……と考えたが、ここに描かれているものは創作である。救いは本書が著者の心を込めた創作である事。良い。

2019/06/24

0607xxx

「闇金ウシジマくん」の著者によるドルヲタ、地方都市の若者などを主人公にした4つの短編集。どの話にも何とも言えない閉塞感があり、読むのも少し疲れるが、小さな希望に著者の愛を感じ救われる。

2019/09/18

kanon

どれも名作。びっくりした。ドルヲタやってた時代もある自分にとって、空気感とかよくわかる「アガペー」、「東京の女」はリアル過ぎてとてもエグみがあるが、他人事のように読めない。この作品の読者も、この4篇のうち、どれかは自分のことのように感じてしまうのではなかろうか。いや、自分はこんなんじゃない、と否定してくるかもだけど、よく見つめてみて欲しい。本当に幸せな人はこんな作品集手に取らない。

2019/09/30

苑田 謙

底辺に生きる者たちを情け容赦なく描写するが、成功した漫画家としてそのポジションをとるのは、すこしズルい気もする。いまあなたが見てる風景はもっと上の方で、リアルに描いて暴露すべきはそっちではないかと。

2019/06/05

感想・レビューをもっと見る