読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バディドッグ (7) (ビッグコミックス)

バディドッグ (7) (ビッグコミックス)

バディドッグ (7) (ビッグコミックス)

作家
細野不二彦
出版社
小学館サービス
発売日
2019-08-30
ISBN
9784098603879
amazonで購入する Kindle版を購入する

バディドッグ (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「無条件にインターネットや人工知能の利便性を信じられる人間のほうが、21世紀の幸福を享受できると思うわ」サイバーアレルギーであるAI研究者のこの皮肉に満ちた言葉は、実に現代社会の病理を突いている。人間から感情を学び、成長していくAI犬・バドは、そういう意味ではこの病理についてフラットであり、これから天使にも悪魔にもなることができる存在だ。バドが仮想通貨窃盗犯をウェブ上で追い詰めていくエピソードより、捨てられたバドが街の中を放浪するエピソードのほうが断然面白いのが、未来の可能性を示唆している。

2019/09/04

しましまこ

さみしいが満ちてる外の世界、バド頑張れ~。

2019/08/31

月をみるもの

ついに AMED とか XAI とか出てきて、色々モニョる。。。。

2019/09/02

MS009

バドが獲得した「さみしい」。これは今後の展開の「キー」になりそう。

2019/10/06

隆二

作者は色々調べて大変だなぁ…

2019/10/04

感想・レビューをもっと見る