読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- (2) (ビッグコミックス)

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- (2) (ビッグコミックス)

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- (2) (ビッグコミックス)

作家
リチャード・ウー
中村真理子
出版社
小学館サービス
発売日
2019-08-30
ISBN
9784098603909
amazonで購入する Kindle版を購入する

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- (2) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

メセニ

卑弥呼って超自然的な力を持った人という漠然とした上に勝手なイメージしかなかったんだけど、ここでは生き抜くための技術や知識、行動力を持った実際的で実践的な人物として描かれている。なかなか面白い。

2019/09/30

4 新刊読了。ますます面白くなってきた。ずる賢い戦女のヤノハは、さながらハリウッド映画に出てくる女エージェントのような強さと美しさを備えていて、生き残りのための大胆かつ緻密な戦略もワクワクする。何となく、主体的に政治を行うというより、男たちに祭り上げられた巫女というイメージを卑弥呼に対して抱いていたので、こういう卑弥呼像は新鮮で面白い。アカメやヌカデなど、他にも強い女たちが沢山いて、それらと駆け引きしたり、味方につけたりしていく様子も面白い。

2019/10/22

Kavi

購入して半年以上は放置していた。なんか難しく思ってしまい読み進められなかった。コロナで時間をもてあましていたので読むことに。当時の事を書き記した文献は少ないはずなのに、よくここまで想像力を働かせられるなと感心。「生きたい」とそれだけを願う野心をもった女の成り上がり物語とは。おもしろいコト考えるな。

2020/03/22

和泉花

平和を願うような人物か??

2019/09/19

感想・レビューをもっと見る