読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血の轍 (7) (ビッグコミックス)

血の轍 (7) (ビッグコミックス)

血の轍 (7) (ビッグコミックス)

作家
押見修造
出版社
小学館サービス
発売日
2019-12-26
ISBN
9784098605354
amazonで購入する Kindle版を購入する

血の轍 (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すぱちゃん

しげるちゃんが意識を取り戻した!しかも突き落とした犯人まで行きついた。静ちゃんと静子はその時居合わせて!登場人物の目力だけでここまで怖いのはすごい!静ちゃん、どうなっちゃうの?このままでは静ちゃん、壊れちゃうよ。静子も壊れ気味。毒母静子も何か哀れな気もするが、多分、この位では終わらない予感もする。怖さ引きずりながら、次巻期待。

2019/12/26

空のかなた

6刊で終りかと勘違いしていた。意識が戻ったしげる君が、真実を思い出すのか、山頂から落ちた時の真実は暴かれるのか、また清一が母親に完全に取り込まれて自我を失うのかと、一気に読んでしまった。清子に感情移入できないけれど、うどん屋で夫に向けて吐き出す清子の心の言葉に、ほんの少しだけ同情した。「しげちゃんが思い出さなかったら、私はどうやったら出ていけるん。全部壊れてしまえばいい」。そして清一は自らの意思で母親の胎内に取り込まれていく。危うい。一方、吹石がどんどん魅力を帯びていく。自律した大人のような艶めかしさ。

2019/12/26

パンダプー

毒母というより、変な女

2019/12/26

地下鉄パミュ

もう怖いと言うよりも呆れる。静ちゃんパパじゃないけど理解しかねるでしょ。パパからしたら『貴女の方が適当な事を言ってますよ』だと思うが、何も知らないので知らぬが仏なんだけど。反発しろよ、自分の意見を持てよ、もう何を言っても無駄だ。2人にはこのまま更なる危ない展開に落ちて行って欲しい。逃げ場をなくせと。ただ茂くんを突き落としたあの場面ですら大どんでん返しがあるかもしれない。押見はまだ分からんぞ!正解の無い漫画を突き進んで行ってる気がします!

2020/02/09

ライアン

ママも静ちゃんもやばい感じになってきた。吹石さんがとにかくかわいそう。ママの「突き落としてない」についてはまだ洗脳されてはいないけど、はたして?。そしてついにしげちゃんが目を覚ます・・・

2020/02/01

感想・レビューをもっと見る