読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

写真屋カフカ (3) (ビッグコミックススペシャル)

写真屋カフカ (3) (ビッグコミックススペシャル)

写真屋カフカ (3) (ビッグコミックススペシャル)

作家
山川直人
出版社
小学館サービス
発売日
2020-03-30
ISBN
9784098605903
amazonで購入する Kindle版を購入する

写真屋カフカ (3) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スリーピージーン

待ちに待った新刊。消えそうなものだけでなく、人の心にうつるきれいなものも写し出すカフカさん。そう、今の私は急ぎすぎ、せかせかしすぎ。刺激を求めすぎ。カフカさんって年齢はおいくつぐらいなんだろう?ノスタルジーはあっても、昔はよかった風な押し付け感がないのは、山川作品の特徴。

2020/04/04

地方書店員の髙橋

大好きな山川直人さんのコミック。絵のタッチがとても好きです。 消え去りそうなものを撮る写真屋。彼が撮るものには撮られた人の人生の大切な思い出が一瞬映し出される。 一話完結でそれぞれ独立していますが、緩やかにつながる登場人物たち。独特の不思議な世界観に浸りました。10話と13話が特にお気に入り。

2020/03/30

Susumu Kobayashi

山川直人作品のファンである弟から貸してもらって読む。谷遠可不可(こくとおかふか)は「消えそうなもの、なくなりそうなもの」を撮影するのが趣味でもある写真屋。独特な描線が独特な雰囲気を与えている。感想の書きにくい作風だ。

2020/06/27

emuuwaii

「ただそういうものがあったという記憶のために、撮ってるだけだよ」。「喫茶店巡り」「魔女の棲む家」がよかった。失われるものへのやさしい視線は心地良いが、それでもやはり物悲しく、寂しい。

2020/05/17

かぼちゃおばば

コロナの恐怖でで閉塞感や緊張感の日々 息子の本を読む。肩の力が少し抜ける。当たり前のことを幸せだと思う、そんな平凡な日々(どれだけ重みのある事か知る)が一刻も早く戻ってきます様に。

2020/04/01

感想・レビューをもっと見る