読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血の轍 (8) (ビッグコミックス)

血の轍 (8) (ビッグコミックス)

血の轍 (8) (ビッグコミックス)

作家
押見修造
出版社
小学館サービス
発売日
2020-04-27
ISBN
9784098606016
amazonで購入する Kindle版を購入する

「血の轍 (8) (ビッグコミックス)」のおすすめレビュー

累計部数、ついに100万部突破! 究極の毒親とその息子を描く『血の轍』8巻発売!

『血の轍』8巻(押見修造/小学館)

 毒親と聞くと、どのような人を想像するだろうか。

『血の轍』に登場する主人公・長部静一(おさべせいいち)の母親静子は、物語の序盤、ごく普通のやさしい女性に見える。見た目は中学生の母親だとは思えないほど若く美しく、設定を知らなければ静一の姉だと誤解してしまっただろう。

 彼女の狂気はゆっくりと表に出る。蛇のように静一にまとわりつき、彼の初恋を破壊し心を蝕んでいく。

『漂流ネットカフェ』『惡の華』『ぼくは麻理のなか』『ハピネス』。

 作者である押見修造さんのこれまでの漫画を振り返るとわかるが、作者は不穏な雰囲気で物語を包み込み、底知れない世界へと読者を導く名手だ。そのため、『血の轍』は発表済みの代表作と比べると現実的で、怖さがあまりないと油断してしまった。

 主人公の静一は、どこにでもいる男子中学生だった。学校に行けば友だちと笑い合い、同級生の吹石という女の子に思いを寄せている。しかし彼の日常は、親族で出かけたキャンプで起きた一つの事件により破壊される。発端となったのは母だった。

 その事件を起こした後も、静子は美しいまま不穏な…

2020/5/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

血の轍 (8) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神太郎

親を、守ろうと必死なんだ、静ちゃんは。だって親なんだもの。そこに深い理由なんてない。だけど、静子はそれゆえに不気味である。段々と静子の隠された過去に踏み込んでいくことになるんだろうか?どこか投げやりな生き方が怖さを煽る。「いなくなりたい」と願う真意とは……。そして、静子はその思いもあってだろうか、おばさんたちに詰め寄られ遂に突き落としたことを認める。必死に守ってきた静ちゃんが溶けていくようなラスト。演出が上手い!

2020/12/11

パンダプー

「自分だけの静ちゃん」を守るためではなかったのか。血の轍のタイトルが生きてくるのかな。 あと、メガネ君結構ゲス野郎?子供だからそこまでわかってやってるわけじゃないか。

2020/04/27

★なおぴんこ★

旦那さん本。静一がどんどん壊れていく。表紙から巻末のイラストがママの幼少期が描かれ、どの表情も笑っていない。今後、ママの育ちも明らかにされるのかしら?ママの歪んだ育ちが静一への歪んだ愛情に転嫁されているのか?静一の3歳位の時に怪我してたという話も、虐待していたと思わせる記述。中々話が進まずモヤモヤします。

2020/05/05

地下鉄パミュ

俺ももうこんな家やだよ・・・それにしても強過ぎる血と言う物、抗う事など出来はしない。親子の考えに少しだけズレを感じるが。過去の事が元になっているのだろうか。何があったのかは分からないが、何があっても読み進める所存です。

2020/05/31

4 新刊読了。もう、とにかく怖い。徹頭徹尾怖い。巻を重ねるごとにタイトルの意味が重くのし掛かる。静一は完全に静子に壊されてしまっていて、ふとしたきっかけで学校でも異常性が噴出してしまう。もはや、静一にとって母親以外との人間関係は構築できなくなってしまい、ますます静子と共依存の関係を深めていく道しかなくなってしまった。しかし、当然のことながらそこに道などはなく、静子は破滅願望を膨らませていき、ついにその時が訪れる。静子はいったいいつから壊れているのか、また、何が彼女をそうさせたのか。それだけが気になる。

2020/06/23

感想・レビューをもっと見る