読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雪花の虎 (9) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (9) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (9) (ビッグコミックススペシャル)

作家
東村アキコ
出版社
小学館サービス
発売日
2020-04-10
ISBN
9784098606603
amazonで購入する Kindle版を購入する

雪花の虎 (9) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

妹から借りて読了。助けてもらった僧侶が高野山の座主になる方とは…。その高野山にある謙信のお墓が、ダントツで立派なのにもビックリ❢

2020/05/10

るぴん

虎様が懐妊。生まれた子はどうなるの?妊娠中なのに危ないよ〜などなど、ハラハラし通しだった。実際、上杉謙信には空白の1年があったというのは初めて知った。僧とはいえ、宗謙だって十兵衛に嫉妬するよね。1人の女を巡る2人の男の争いが起こるのか?メロドラマ的意味で、次巻が楽しみ♫

2020/04/15

ぐうぐう

上杉謙信が女性だったとする説を採用した東村アキコの覚悟が、半端ではなかったことが実感できる巻。東村は景虎を懐妊させるのだ。子を宿し産む、それは女性にしか許されぬ喜びだ。しかし、喜びも束の間、関東出兵直前に子を流してしまう。女でなければ……と景虎は悔やむのではない。「儂が見栄を張り、女の体を男のように使うたばかりに…」と嘆くのだ。子を流すという女性ゆえの哀しみを経て景虎は、より女性としての我が身を慈しみ、愛し、肯定する。

2020/06/03

ryo

空白の一年!衝撃の展開にドキドキ。こういう事があったのかもしれない・・・と妄想膨らませる。宗謙の出方が気になるな~。

2020/04/16

ツキノ

待ってましたの最新刊。天文23年「空白の一年」…!麦、お蘭ともにいい。2011年の大河ドラマ「天地人」を視聴中なのだけれど、上杉謙信(阿部寛)が虎さま、と考えると悶絶。

2020/04/21

感想・レビューをもっと見る