読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おやすみカラスまた来てね。 (5) (ビッグコミックス)

おやすみカラスまた来てね。 (5) (ビッグコミックス)

おやすみカラスまた来てね。 (5) (ビッグコミックス)

作家
いくえみ綾
出版社
小学館
発売日
2020-10-12
ISBN
9784098607259
amazonで購入する Kindle版を購入する

おやすみカラスまた来てね。 (5) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kei

北海道地震、停電のこと、スピリィチュアルにハマっている友人のこと、自分のうっぷををヒドイ形で他者に転嫁する者のこと。よく聞くし、あるよなぁ。どれも、日常で切りとれるとても普遍的なことで、共感をよびます。相変わらず、素敵な女性陣に、グダグタながらも、心根のよい、運だけの主人公。(笑)どうなりますことやら。

2020/12/14

どあら

妹から借りて読了。ここまで男女の人間性に差が出るとは…😅 カラスの話が良かった❢

2020/12/31

あゆみらい

北海道地震後のすすきののバー。現在コロナ下だし、これからバーの経営はどうなっていくでしょう。こんなバーに飲みに行きたい。

2022/03/31

空のかなた

流石いくえみ綾さんの描く大人の恋模様。Bar汐のマスター長窪汐さんを取り巻く心の交流?一方的な想いの押しつけ?等、若い時のように勢いで進めない戸惑いや距離感が展開していく。善十の汐さんへの想いも空回り。汐さんは誰に対してもフラットで、善十を「亡くなった父からのギフトです」と受け止める一葉を、馬鹿にするでもなく、あり得ないと否定するでもなく受け止める。それも一葉さんの濁りのない純真さあってこそ。ゴミを荒らすカラス達に目を見てこんこんと説得し続け、お互いに共存しようねと、話しかけるの一葉さんのシーンに(笑)

2021/09/12

ぐりとぐら

これまた、先が気になる終わりかただなぁ。汐さんがかっこ良すぎなのと、九重さんの可愛さと、紅ちゃんの素敵さに磨きがかかって、女性陣から目が離せない。登場する男性諸君が惚れちゃうのもわかる。十善の実家の感じとかも、めっちゃ良かった。地震の後、すすきのも大変だったんだろうなぁ。

2020/10/16

感想・レビューをもっと見る