読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

琉球怪談 キジムナーの巻 (ビッグコミックススペシャル)

琉球怪談 キジムナーの巻 (ビッグコミックススペシャル)

琉球怪談 キジムナーの巻 (ビッグコミックススペシャル)

作家
太田基之
小原猛
出版社
小学館サービス
発売日
2020-07-30
ISBN
9784098607280
amazonで購入する Kindle版を購入する

琉球怪談 キジムナーの巻 (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あたびー

沖縄にキジムナーが少なくなってしまったと言うのは本当に寂しく感じます。もちろん沖縄だけではなくて日本全体、いや世界全体からそうした存在が薄れてしまっている。水木先生まで彼岸へ行かれて、私達はどのようにして妖怪をつなぎとめたら良いのでしょうね。でも彼らは私達に見えなくなってしまっただけで、いなくなったわけではないのでしょう。沖縄の人々は内地の人間よりまだしも彼らを感知するセンサーがあるわけです。そういうお話だと思います。

2021/01/28

澤水月

沖縄戦を戦った米兵が来日し不思議なものを目にする話は珍しい。仲西ヘーイは沖縄の怪談・妖怪の中でも気抜けするような名前だが実態は子供が神隠しに遭うなかなか怖い話。末期の報せ系の話数話の中、この独特なタッチの絵で顔が崩れ保てなくなるおじさんはかなり怖い。後書き、墓場でミッチ・ミラーツボった!

2020/08/17

Hideka

★★★★花火大会も夏祭りも盆の墓参りも行けなかった今年の夏。オバケ絡みのテレビ番組を見たいと思いつつ、幼児が常に隣にいるので見られず。「なんか、夏的な気分になる本を読みたい」と思って書店のレジ横に平積みになっていたのを衝動買いした一冊。一度だけ行ったことがある沖縄は、いきなり好感を持った土地。土着の異形の者の話を興味深く読む。戦争由来の話には、当時の人々の苦しみが未だに終わっていないことを痛感させられる。75年経ても納得できないのよね。微妙にヘタウマ感を漂わせる作風が逆に不気味さを強調している。

2020/08/23

感想・レビューをもっと見る