読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

JUMBO MAX (1) (ビッグコミックス)

JUMBO MAX (1) (ビッグコミックス)

JUMBO MAX (1) (ビッグコミックス)

作家
高橋ツトム
出版社
小学館
発売日
2020-11-30
ISBN
9784098607624
amazonで購入する Kindle版を購入する

JUMBO MAX (1) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

おそらく、いや、間違いなく、これまで誰もが描くことのなかったテーマに高橋ツトムは挑んでいる。勃起不全に悩む中年男性が主人公だ。生まれて一度も勃ったことのない男が、謎のED薬により、初めての勃起を体験する。この漫画の斬新さはここからだ。男は、愛する家族のため、自らED薬の開発に着手する。そんな破天荒な話が、果たして漫画になるのか。なるのである。なぜならこれは、高橋ツトムの漫画なのだから。

2020/12/14

毎日が日曜日

★★★

2021/04/04

Ume

主人公の伊集院光以外の登場人物はみんな食えない、胡散臭い連中ばかり。謎のED薬を巡ってどんなサスペンスが起きるのだろうか?そう言えば神田伯山先生もED界では著名なので、この先どんなキャラとして伯山先生が登場するのか楽しみです。知らんけど。

2021/02/20

直人

クライムコミックスということで読んでみた。 EDに悩まされていた初老の薬剤師が,一度服んで劇的に効いた薬を,自らの手で作ってしまうという話。 “クライム”が関わってくるのはまだこれから先という感じ。 人間の欲求なくしてインターネットの普及はなかったと言われているが,その欲求がどう犯罪に絡むのか……?

2021/01/24

S‐tora

◎ 「breaking bad」のようなサスペンスの方向に進みそう。アクション風味は薄め?万が一実写化されるとしたら、主人公は伊集院光で決定。

2020/12/05

感想・レビューをもっと見る