読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏目アラタの結婚 (4) (ビッグコミックス)

夏目アラタの結婚 (4) (ビッグコミックス)

夏目アラタの結婚 (4) (ビッグコミックス)

作家
乃木坂太郎
出版社
小学館
発売日
2020-11-30
ISBN
9784098607693
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏目アラタの結婚 (4) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

4巻はとにかく、JK入廷と裁判長のメモに尽きるッッッ!!

2021/06/09

眠る山猫屋

流石です裁判長!!アラタですら揺さぶられ惑う中で、モンスターに取り込まれない冷徹さ。弁護士も検察官も半ば品川真珠の術中に(気づくことなく)溺れていく、もちろん読者である自分も、気づけば真珠サイドに立ちかけている。もう頼りにできるのは裁判長さんだけ!!

2020/12/02

BUBI

連載をしているスペリオールも読んでいるのですが、裁判の、真珠の証言シーン、加筆されているような気がしました。真珠が証言した事件の真相(!?)が分かりやすくなったかも。…それにしてもこの話、この先どうなるんだろう。結婚するまでで終わりかと思ったらそうじゃなかったのね。仮に、死体遺棄と父親殺しだけだったとしたら「無期懲役」くらいになって何十年後かには真珠は出所するかも。それを刑務所の門で出迎えるアラタ。そのシーンが最終回かも、と予想してみました。

2020/12/06

AKF-ZERO

連続殺人犯品川真珠。彼女の話や控訴審での証言を聴いてると、どこまでが嘘でどこからが本当なのかわかりません。裁判長が演技力は怪物と評するだけのことはあります。にしてもアラタを見てると児童相談所の仕事って、人の心に接する職業なだけあって色々と気を配らなければならないことが多いこと。鈍感な人にはつとまらない仕事だとつくづく思います。実際働いてる人達は精神的にタフじゃないとやってられないかも。

2021/07/05

Yasuhiro Kamada

アラタと裁判官だけが真珠の本質に近づいていますが、裁判官は覗くのは危険だと、普通の人は飲み込まれると直感で悟っていますが、アラタはそれを見てほしいという、ある意味真珠に完全に心奪われています。 その他の人たちは真珠に操られ放題。それぞれが自分の信じたい正義、大切にしたい価値観をくすぶられ、あらあらという方向に。人をどう見るか、信じたい気持ちはわかるけど、世の中良い人より計算高い人が多いもので。 真珠の過去が少しずつ明らかになり始めました・・・。そして真珠も少しアラタに心乱され動揺。

2020/12/13

感想・レビューをもっと見る