読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

機械仕掛けの愛 (7) (ビッグコミックス)

機械仕掛けの愛 (7) (ビッグコミックス)

機械仕掛けの愛 (7) (ビッグコミックス)

作家
業田良家
出版社
小学館
発売日
2021-05-28
ISBN
9784098608591
amazonで購入する Kindle版を購入する

機械仕掛けの愛 (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

今巻にはロボットのフリをする人間のエピソードがある。病気により醜くなった男が機械の外殻を被ってロボットになりすますのだ。男が救った少女は、中身が人間であるがゆえの愛情をロボットのそれとまったく疑わない。逆説的にこのエピソードは本シリーズの主題を見事に照らしている。そして孤児を育てるロボット「ママジン」の登場により、ロボットには心があるか、と言う本シリーズの問いのその先を業田良家が描こうとしていることが理解できる。新シリーズ『機械仕掛けの愛 ママジン』が楽しみでならない。

2021/06/19

ジロリン

何だかますます薄味になってきたな…と思ったら「第一部完」ですか。テコ入れにきたか?

2021/06/01

bbb

○。第1部完、テコ入れ? 一定の品質ではあるけど、迷走感もあった。

2021/09/11

感想・レビューをもっと見る