読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

太陽と月の鋼 (2) (ビッグコミックス)

太陽と月の鋼 (2) (ビッグコミックス)

太陽と月の鋼 (2) (ビッグコミックス)

作家
松浦だるま
出版社
小学館
発売日
2021-03-30
ISBN
9784098608737
amazonで購入する Kindle版を購入する

太陽と月の鋼 (2) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ルシュエス

タイトルが示すものは揃ったのかな…? 運命を変えた鋼之助と、運命を変えようと抗う巫女が手を組む。 ただ敵は大きそうだし、最終的な目的もまだまだ不明。 でも面白い。

2021/03/31

さとみん

呪術師、巫女、陰陽師など常人と異なる力を持つ者たちに加えて九尾の狐ときた!そして「まだ会っていないのに懐かしい」という言葉。輪廻ではなく、過去から未来へという時の流れとは別の次元に生きているということだろうか?伝奇物なのか、あるいは時代劇の舞台装置を使ったSFなのか、はたまた私の予想外の物語なのか。今のところ全く方向が見えないし、役者が揃ったのかどうかも分からない。ただタイトルからすると月と明は対になる存在に思える。鋼之助の周りは大きく動いているのに、本人の境遇は冒頭からほとんど変わらないのも面白い。

2021/04/03

龍田

新キャラの盲目だけど未来が見えるの巫女(イチコ)の明。狐みたいで可愛いな。鋼之助の未来は結構、悲惨だったが、どうなるのか?陰陽師や能力者が敵になったり、味方になったり再び月と出逢えるのかな。

2021/07/15

がんもどき

一巻終わりで呪いで人が殺されたりして、この巻から作者のエンジンがかかってきた感じがする。2巻早々主人公の死ぬ未来が垣間見られたりしてるから、作品としてはそんなに長引かせるようではなさそう。男キャラはともかく女キャラの見分けがつきづらい。

2021/09/23

みのにゃー

主人公の設定が面白い。名前は「鋼太郎」なのに、触れる金属は変形してしまう。するとどんな弊害があるか。髭がそれない。お金が曲がる。武士なのに刀がさわれない。まだ謎が多く、この先を楽しみにする。

2021/09/03

感想・レビューをもっと見る