読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君は放課後インソムニア (6) (BIG SPIRITS COMICS)

君は放課後インソムニア (6) (BIG SPIRITS COMICS)

君は放課後インソムニア (6) (BIG SPIRITS COMICS)

作家
オジロマコト
出版社
小学館
発売日
2021-04-12
ISBN
9784098608799
amazonで購入する Kindle版を購入する

君は放課後インソムニア (6) (BIG SPIRITS COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

この巻が幸福の絶頂なのではと感じてしまう。曲と中身にとって、この上ない幸福な夏。しかしあまりの幸福の陰で、曲の近い将来に何かが起きる暗喩を感じる。それは今まで示されていた幼い頃からの体調によるものだろう。この二人に哀しい結末が訪れないことを願わずにはいられない。合宿の目的も果たし、二人が互いの気持ちを確かめ合う。その瑞々しさと幸福。曲の手を取った中身は、この幸福が離れていくことを心の奥底で感じたのかも知れない。オジロマコトさんの作風で哀しい結末が訪れることは考え難い。先が気になる。次巻の発売が待ち遠しい。

2021/05/20

ぐうぐう

1巻の頃と比べると、あきらかにコマ割りが大きくなっている。と反比例して、セリフは減っている。この変化は何を意味しているのか。オジロマコトの、絵で伝えたいという強烈な意志がそこからは窺える。その試みに、オジロの画力は充分過ぎるくらいに応えている。二人が相手をスマホとカメラで撮り合う場面を見開きで描いたページが、今巻の最大の見せ場だろう。もちろんそこにも言葉はない。けれど、その見開きのページには、二人の気持ちが存分に込められ、放たれている。

2021/04/17

表紙は地味めだが、心に残る巻だった。冒頭からこころを開ききって柔らかな表情のいろいろをちりばめる曲に目を奪われる。昔に戻ったかのような民家で、2人は遭難のようなままごとのような暮らしを送り、仲間たちも応援してくれる。でも、夢のような生活には終わりがあって、曲は親に奪われていき…。ああ、こんなに急展開するとは思わなかったが、これが青春だよなあと、自らには起こらなかった夏を懐かしむ。

2021/04/28

pandagusu

自分にはこんな経験ないし、あくまでフィクションの出来事かもしれないけど、現実にこんな瞬間を迎えている若者二人はどこかに存在してるかもしれない。どこかの二人がこんなふうに相手を想い合う、そんな瞬間が一瞬でも訪れるなら世界が存在していることが全肯定できるくらい素敵なことだと思いました。

そうちん

お互いの気持ちを知りつつ、この美しく、幸せな場所が、ずっと想い出になるように。

2021/05/28

感想・レビューをもっと見る