読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京ヒゴロ (1) (ビッグコミックススペシャル)

東京ヒゴロ (1) (ビッグコミックススペシャル)

東京ヒゴロ (1) (ビッグコミックススペシャル)

作家
松本大洋
出版社
小学館
発売日
2021-08-30
ISBN
9784098611171
amazonで購入する Kindle版を購入する

東京ヒゴロ (1) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キク

素晴らしい作品を創作する作家を「天才だ」でまとめてしまうのは、安易なラベリングで逆に失礼じゃないかと思っている。思ってはいるんだけど、、、どうしても「松本大洋は天才だ」と思ってしまう。その松本大洋が、マンガ出版業界を舞台に中年マンガ編集者と、かつて天才と言われた漫画家達が新しい雑誌を創刊しようとする物語を描いている。当然、素晴らしい作品になっている。不器用だけど誠実にマンガに向き合う中年編集者が、なんか「ピンポン」のスマイルが社会にでた姿に思えてきて、すごく感情移入してしまう。大人に響くマンガでした。

2022/01/21

ぐうぐう

読んでいて、寺田ヒロオと森安なおや、二人の漫画家のことがなぜか思い出された。漫画界に絶望し筆を置いた寺田と、再起を願い描き続けたが叶えられなかった森安。トキワ荘の住人だった二人の漫画家の、その対照的な生き様は、しかし自らの作風を頑なに守ったという点で共通している。『東京ヒゴロ』の主人公は、元編集者だ。編集者の目線から漫画を、漫画家を、漫画界を描こうとしている。ここには、漫画界の本流から外れた漫画家達が登場する。(つづく)

2021/09/05

Tenouji

2022年のGW終盤に相応しい内容だった。理想主義とは『ナンバー吾』で決別したと思っていたのだが…やはり、そういうことなのか、と思う次第。「Man shall not live by bread alone.」

2022/05/07

じゅーん

帯にはこうある『ヒゴロ(日頃?)ゴロゴロ、シオザワサン(塩澤さん)、ココロ(心?)コロコロ、マンガズキ(漫画好き)、トコロ(所?)トコトコ、トーキョーグラシ(東京暮らし)』。ベテラン漫画編集者塩澤さんの依願退職から物語は始まる。東京の中で生きる人々・街並み・雑踏が粗くて繊細なタッチで描かれている。また松本大洋氏の世界に浸れるのはとても幸せ。

2021/09/05

冬佳彰

俺が迂闊だった。松本さんの新刊が出ていることに気づいてなかった。Googleアラートに設定しておいたら、分かったのか?まあ良い。今日、速攻で散歩のルートを書店に変更し、購入。自分が企画した漫画雑誌が廃刊になった編集者が会社を辞め、それからのダメ漫画家や編集者との関わりを描いた作品。淡々。やっぱ良いよなあ。味わいとしては、Sunnyっぽいのか。なんか、俺はもう今後読むマンガは、松本大洋だけで良いんじゃないか?くらいに思っちゃうんだが、それはそれで老化だろう。この、モノを創る人間たちの関係が良い。次巻を待つ。

2021/09/12

感想・レビューをもっと見る