読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

機動戦士ガンダム サンダーボルト (18) (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (18) (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト (18) (ビッグコミックススペシャル)

作家
太田垣康男
矢立肇
富野由悠季
出版社
小学館
発売日
2021-09-30
ISBN
9784098611645
amazonで購入する Kindle版を購入する

機動戦士ガンダム サンダーボルト (18) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★まさか三度、表紙に驚かされるとは…タール基地を脱出したカウフマンたちは三千人の難民の受け入れを求めてサイド6へと。なけなしのMSと武装を放棄させられた彼らを待つのは連邦軍の手厚い歓迎だった。モビルワーカーに毛が生えたぐらいの性能しかないザニーに対し、12機の最新鋭の量産機ジム・カスタム…絶望という表現ではお釣りがくるほどの戦力差を前に互角以上の立ち回りを見せたビリーが熱い。そんな彼の窮地を救ったアレの規格外さにも度肝を抜かれた。着々と月のアナハイム攻略のピースが揃いつつあって、楽しみが尽きない。

2021/09/30

トラシショウ。

「撤退しない場合は撃沈する。パーフェクトガンダムとブラウ・ブロが相手になってやる。俺は南洋同盟のダリル・ローレンツ。ニュータイプの・・・ダリル・ローレンツだ!」。前巻より承前、イオの駆るパーフェクトジオングの猛攻により敗走するカウフマン達は三千人の難民を抱え中立コロニーへの亡命を図るが、スパルタンを落とされ逆襲に燃えるペガサス級タイコンデロガが新型部隊と共に待ち受ける。足元を見られMSを取り上げられ、残された機体は旧式のザニー一機のみの船団を守るべく、独り戦いに臨むビリーの激闘を描く(以下コメ欄に余談)。

2021/10/04

JACK

☆ 3500人を超える南洋同盟の信徒たちは難民船で中立コロニーのサイド6へと向かう。保護を求める彼らの背後には、地球連邦軍の艦隊が迫っていた。仲間を助けるため、たった一人で艦隊に挑むビリー。果たして彼は連邦軍を撃退することが出来るのか。いつもの事ながら、前半の危機的状況から中盤に絶体絶命の状況になり、そして後半で逆転、という熱い展開に惹かれます。

2021/10/03

Galois Noir

ガンダムは起死回生の切り札、希望の象徴。…しかし、「誰の?」という点について本作ほど斬新な切口と展開を提示してくれたガンダム作品はないのでは?と思う。連邦側のガンダムがあんなに悪魔に見えたのに、ダリルの駆るガンダムの守護神オーラが凄い。

2021/10/01

攻守目まぐるしく、南洋同盟は難民多数を抱えて逃避行。サイド6の買い叩きぶりがえぐい。絶望的な戦力差を奮闘するも…で、ダリルのガンダムが全てをひっくり返すのはお約束とはいえ、爽快ではある。そして、パーフェクトジオングとの決戦!となりそうで、さらに難民の始末でぐじぐじがありそうで。

2021/10/04

感想・レビューをもっと見る