読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海帝 (9) (ビッグコミックススペシャル)

海帝 (9) (ビッグコミックススペシャル)

海帝 (9) (ビッグコミックススペシャル)

作家
星野之宣
出版社
小学館
発売日
2021-09-30
ISBN
9784098611669
amazonで購入する Kindle版を購入する

海帝 (9) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「アレキサンダー大王のように征服の旅を続けた者もいればーー無益な争いを避けるためにその土地を離れ、新天地を求める旅もある」果たして鄭和にとって、航海とはなんなのか。第五次航海の最中、鄭和は悟る。「そうだ。多くの命と出会い、共に生き やがて別れるーー戦うこともあったが、救うこともあった。私は命を運び続けたーーこれ以上何を求めよう……」しかし元凶・永楽帝との確執が決着してなお、運命は鄭和を海へと導く。とはいえ、その運命もまた、鄭和の生き方が導いたものだ。(つづく)

2021/10/02

毎日が日曜日

★★★★ 完結。

2021/10/04

YS-56

完結。偉大なる航海者、その旅路を見届けることができて光栄でした。

2021/10/02

3.5 完結。第4次航海の帰国から最後の第7次航海まで一気に。なんとなくマンネリしていた3〜6あたりと比べて第7次航海でまた面白くなり、やはりエンタメ的に主人公が命狙われてる方が面白いんだなと痛感した。アフリカまでの航海を繰り返していた宝船艦隊は、最後にアメリカ大陸に到達して完結。乗り込んでいた倭寇の末裔が「ズニ族」という1民族として血筋が残っているのかも…と、最後までロマンを追い求めたラスト、本作のテーマというか描きたいことがはっきりしていて分かりやすい。もう少し世界史に詳しければもっと楽しめたかも。

2021/10/25

ナンさん

大河ドラマ完結したけれども。そ譚太達のその後が気になる。何処かで短編で良いのでスピンオフ作品を発表して欲しいです。 最後までの息をつかせぬ展開や最後も思わず泣きそうになる終わり方で星野之宣大河ドラマの集大成な感じでした。

2021/10/06

感想・レビューをもっと見る